痴漢ハンター ~元キャバ嬢ストーカー編第5話~

 前回読んでない方は4話を読んでから読んでもらえたら幸いです。ついに卑劣なストーカー痴漢男制裁の時がやってきました。元キャバ嬢江里子を苦しめた卑劣なストーカー痴漢男が制裁される第5話是非とも見届けてください!

 ストーカー痴漢男の下に黒子達が人が入れるくらいの水槽を持ってきた。黒子達が退場するとつるし上げられたストーカー痴漢男は水槽の中へ!ストーカー痴漢男はもがく!15秒ほどしたらストーカー痴漢男はつるし上げられたまま水槽からあげられる。そしてストーカー痴漢男の息が整うと再び水槽の中へ!それが10回ほど続く!
 黒子達が再び登場し水槽を撤去し別の黒子達が大きな温風機を持ってきた。そしてその温風機をストーカー痴漢男に向けスイッチを入れる。大きくて風速もあるためストーカー痴漢男は少し苦しそうだ。
 温風機によってストーカー痴漢男の体が乾くのを確認すると黒子達はスイッチを止め温風機と共にその場を離れた。
 黒子達が退場するとストーカー痴漢男が急にムズムズし出しまるでペニスを突くかのようにつるし上げられたまま腰を動かし始めた。その動きはだんだん激しさを増す。そう男が入れられた水槽には大量の媚薬が混ざっていたのだ。その影響で男の性欲が増しこのような状態になった。そしてストーカー痴漢男の腰の動きが激しくなると同時に
「全員ドレスを脱いでもらおうか?」
 ここで発砲音も流れる。
「けがしたいのか!えぇ!それともなんだ人前では脱げないってか!ふざけるなよ!中途半端な露出してるくせに!ドレスの下に何もつけてないわけじゃないだろ!」
「さて、けがしたくなかったらキャバ嬢達のストリップショーと行きましょうか」
「じらすねぇ~。おれの言う事聞いてりゃ悪いようにはしないから安心しろ!」
「なんだよ!お前らまるでいつでも戦闘態勢って感じだな!それなのに拒否するってどうなってんだよ!だが今日はお前らに拒否する権利はないからな。まずはその下着姿存分に楽しませてもらうぜ!」
 ストーカー痴漢男の音声が流れる。これはストーカー痴漢男が江里子のいた店の娘達への卑劣な犯行シーンだった。この音声は合間合間途切れる部分もあったため編集されていることがうかがわれる。これは被害者への配慮だろう。音声はまだ続く
「お前らの下着姿見たおかげでこんなにちんぽが勃ったぞ!」
「さてと、せっかく下着姿になってもらったことだしとことん楽しまないとな!下着姿で恥じらうお前たちをおかずにシコらせてもらうぜ!」
 ここで1度途切れる。
「さて、そろそろブラジャー脱いでもらってお乳を晒してもらおうか!」
「全員一緒に脱ぐんじゃ部分的に楽しみ見逃す可能性あるから」
 可能性あるからで再び途切れ
「お乳、隠そうとするなんて考えるなよ。そんなことしてみろそんなそぶり少しでも見せたら痛い目に遭わせてやるからな!」
 今度は痛い目に遭わせてやるからなで途切れた。
「もし彼氏がいたら彼氏のちんぽはいつも大きくなってるなぁ~。きっと夜な夜なお前達をおかずにシコるんだろうなぁ~。俺もお前らのパンティー姿見てこんなにちんぽ大きくなっちったもんなぁ~。俺はお前らがブラジャー脱ぐ前からちんぽ大きくなってけどな。お前らちんぽ勃たせるの上手いんだなぁ~。」
 またまた途切れ
「すっぽんぽんでは終わらないぞ!まだまだ楽しませてもらうぞ!これを着てもらおうか!」
 ここでまた途切れる。
「ブルマ姿で縛られて体操着まくり上げられてお乳丸出しなんていい眺めだね。」
「そんなにムズムズさせちゃって!こんな格好にさせられて興奮してるのか?」
「お前らのそんな姿見てたらこっちも興奮してきちったなぁ~。ちんぽビンビンだぜ!」
「だいぶ媚薬効いてるみたいだな!よ~しそれじゃあまずは1人1人味見させてもらうかな!」
 またまた途切れる。
「ちんぽが欲しそうに見えるなぁ~。そしたら全員で私達のエッチなまんぽにちんぽをくださいご主人様と言ってみろ」
 ここで音声は終わる。男はもしもの時にこの行為を盾に脅そうと盗撮までしていたようだった。まさかこれが自らの歪んだ性欲を世間に晒すことになるとは思いもしなかっただろう!だが制裁はまだ終わらない!
 今度は細マッチョの男達が女性用の競泳水着を着てストーカー痴漢男の所に集まる。そして1人の細マッチョに体操着をまくられる。男は抵抗しているが媚薬効果もあってか第三者から見たら抵抗しているようには見えていない!それどころか細マッチョの男達に興奮しているように見える。そんなストーカー痴漢男に細マッチョの男達はそれぞれ舌、乳首、ペニスなど体中を舐め回すなどの性感マッサージを始めた。ストーカー痴漢男は男にヤラれるのは嫌だと言わんばかりに抵抗しているのだがそんな風には見えず細マッチョの男達に興奮している姿を世間に晒していることになっている。
 細マッチョの男達の性感マッサージはさらに激しさを増し今度は水着からペニスをはみ出しストーカー痴漢男の顔にこすりつけストーカー痴漢男の顔を精液まみれにした。そのうち1人の細マッチョの男がストーカー痴漢のペニスをしごいていたため精液まみれになったと同時にストーカー痴漢男も精液を発射していた。そして精液まみれのストーカー痴漢男は放心状態になり細マッチョの男達はそんなストーカー痴漢男を放置しその場を去りストーカー痴漢男の精液まみれの顔がアップに映ったところで映像が終わった。その後ストーカー痴漢男の身元は警察に送られた。映像で流れた音声の入ったデータと使っていた拳銃と共に!ストーカー痴漢男は制裁の恐怖のあまり自分の身の安全のためにも早く刑務所に入れて欲しいと言わんばかりにすべての犯行を供述したのだった。こうして江里子はストーカー痴漢男の恐怖から解放されることになった。

「まさか店の娘達にまで卑劣な事をしていたなんて…。」
 江里子はストーカー痴漢男への怒りを露わにしながらそういった。
「だが盗撮していたことが自分の首を絞める事になるとは思わなかっただろう!江里子さんこのデータは江里子さんや彼女達のためにも江里子さんの手で破棄したほうがいいだろう!」
 そのデータの入ったカメラを隼人が江里子に渡し!男がこれまで盗撮してきた江里子や辱められた彼女達の姿の入ったデータが江里子の手で処分された。
「これでストーカー痴漢男との関わりは全部抹消されましたね。」
 ララが言った。
「ありがとうございました。おかげで助かりました。私1度彼女達に会いに行きます。」
 江里子が言うと
「そうですね。きっと彼女達も心に傷を負ってるだろうから今度は江里子さんが助けてあげてください。」
 隼人の一言に
「そのつもりです。ほんとにお世話になりました。」
 江里子は笑顔でそういってその場を去った。
「これでまた1人痴漢の魔の手から救えたね。」
 リオが言った。
「でもこれも氷山の一角にすぎないのよね。」
 それに続きナナが言うと
「例えそうでも俺達があきらめたら痴漢で苦しむ人々が増えるばかりだ。俺たちは痴漢ハンターだがその他の性犯罪とも戦わなくてはならない!性犯罪で苦しむ人々を救うために!」
 隼人が決意を新たにそう言った!
 そう隼人の言う通り痴漢がこの世にいる限りその他の性犯罪がある限り痴漢ハンターの戦いは続く!

 痴漢ハンター ~元キャバ嬢ストーカー編~  ~完~

 卑劣なストーカー痴漢男の魔の手から元キャバ嬢江里子を救い出すことはできたけれどもナナの言う通りこれも氷山の一角に過ぎずまた隼人の言う通り痴漢をはじめ性犯罪がある限り痴漢ハンター達の戦いはまだまだ続きそうです。
 話は変わって今回の痴漢ハンター ~元キャバ嬢ストーカー編~ですが実は店外デートを断った腹いせに監禁されるキャバ嬢達とつながっていたのです!
 店外デートを断った腹いせに監禁されるキャバ嬢達を読んでから読んでもらえるとつながりがさらに見えてくるのでまだの方はこちら読んでからまた読んでもらえると嬉しいです!
 前編 中編 後編
 話を戻して制裁時のブルマ姿もそこでこの男がやったことを採用したという流れになります。また今回登場したお仕置き隊!女性用の競泳水着を着た細マッチョの男達の1人に品川庄司の庄司さん加えたら面白そうですよね。ありえないけどもし映像化するとしたら是非お仕置き隊に庄司さん起用したい!それから2015年12月31日現在の元キャバ嬢江里子役は紗倉まなちゃんだ!
ALL NUDE 紗倉まな
 こうやって配役を考えてみるのも面白いですね。ありえないは話ですがエロー・フォーの作品をAV化したらこんな配役がいいのではという案があったら教えてください!
※ストーカー・痴漢・強姦は犯罪です!絶対にしないでください!
 気休めでもオナニーのおかずの参考にしてもらえると幸いです。
 それでは楽しいエロライフを!

バナーリンク集!

参加しているのでクリックお願いします!

アダルトブログランキングへ
エログ-(エログランキング)

痴漢ハンター ~元キャバ嬢ストーカー編第5話~」への2件のフィードバック

  1. 堪能させていただきました♪

    いや~、お店のキャバ嬢全員をストーカー行為していやらしい事をしていたとはね
    若い頃みたテレビドラマの「ハングマン」のようで面白かったです

    明年もぜひ楽しませてくださいね
    では、よいお年を~♪

エロー・フォー へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)