痴漢ハンター ~ゲイ痴漢編番外編~

 今回は外伝的な物語!今回の主役はゲイをターゲットに痴漢を働いた男が主役!ゲイ痴漢男が体験する不思議な物語をお楽しみください!
 この作品の前にゲイ痴漢編をまだ読んでない方はこちらを読んでから読んでもらえたら幸いです!
 前編  後編

 痴漢ハンターの手によりゲイ痴漢を働いたことへの制裁を加えられ自ら警察に出頭した小柄で坊主頭のゲイ痴漢男!何日かは拘留されいろいろ事情聴取を受けたものの警察に被害を訴えるものもなく自ら出頭して来たというのも考慮され初犯ということもあり書類送検のみとなり釈放された。その小柄で坊主頭のゲイ痴漢男の名は洋彰!釈放された際痴漢ハンターの制裁が応えたようでこれに懲りて二度とあんなことはしないと誓いこれからは健全にゲイを楽しもうと心に決めた。その第1歩としてまずはゲイ同士が集まると情報があったのでそこへ出向き謝罪をした。もう二度としないのと健全にゲイを楽しむと誓い…。もう二度としないと約束するならとそんな洋彰をゲイ達は受け入れた。その中には痴漢ハンターに依頼をした直也と新治の姿もあった。3人は握手を交わす。そしてその日はとことん仲間同士で楽しんだ。

 仲間たちと別れ帰路につく洋彰を突然の豪雨が襲った。洋彰は慌てて雨宿りできそうな建物の中へ入り込んだ。
 洋彰が中に入るとそこにすでにびしょ濡れになった1人の女性が雨宿りをしていた。
「女かぁ~。まいったな!できるだけ目合わせないようにしよう!なに言いがかりつけられるかわかったもんじゃない!」
 洋彰が心の中でそうつぶやいた。
「早く雨止んでくれないかなぁ~。」
 再びそうつぶやくと洋彰の視界にびしょ濡れの女性が入ってきた。
「おかしいなついつい目が入ってしまう!」
 その女性の服装は今にもパンティーが見えそうなミニスカートに胸の谷間が見えるような服装だった。徹底した女嫌いなゲイの洋彰!いつもなら見向きもしないのだが今回は違った。そんな女性の姿についつい目が入ってしまっている。そして雨に濡れたためか服から赤い薔薇のデザインがされた黒いブラが透けていた。このとき洋彰は生まれて初めて女性を性の対象として見ていた。
「どうなってんだ俺が女をそんな風に見るなんて!」
 洋彰は自分でも何かおかしいと感じていた。そこへその女性が近づく!
「エッチな視線感じちゃった。」
 その女性の一言に洋彰は一瞬理性を失いかけた。おそらくゲイで女は嫌いなんだというのがブレーキになったのだろう!だがさらに近づく女性の胸の谷間が見えると洋彰のブレーキは効かなくなってしまった。理性を失った洋彰はその女性の服をめくりブラの上から激しく胸を揉み始めた。
「俺がこんなにも女性を求めるなんてこんな事初めてだ!くそ!我慢が出来ない!」
 洋彰は上半身裸になった。それに合わせ女性もめくりあがった服を脱ぎ捨て洋彰のズボンのボタンとチャックを外し洋彰をズボンを脱がす!そして洋彰も女性のミニスカートを脱がす。
「私は博美!あなたは?」
 女性は博美と名乗った。洋彰も
「俺は洋彰!実はゲイなんだけどね。」
 と博美に言った。
「そうなんだぁ~。でも私は女よ!」
 博美が言うと
「分かってるよ!だけど不思議なんだ!普段女にはこんな気起きないのに…。」
 洋彰が言った。
「女の人とこんなことするのもしかして初めて!」
 博美にそう聞かれると
「女は男を都合のいいように利用することしか考えてない!利用価値が無くなれば簡単に切り捨てるしふとしたことで不信感抱いて白い目で見てくる!そんなのとそんな事するなんて汚らわしいからね。」
 洋彰はそう答える。
「そんな風に思ってるの!」
 再び博美聞かれる。
「あぁ~。でもどういうわけか君にだけは女への性欲が湧いてしまう!こんなこと初めてだ!」
 洋彰が言った。洋彰がそういうと
「見えなかった世界見せてあ・げ・る」
 そういって博美はブラを脱ぎ捨て後ろを向く!
「お尻見て!」
 博美にそういわれ洋彰は博美のお尻に目をやった。
「Tバックだよ!」
 博美が言う!普段なら女性のTバックなど興味を持たない洋彰だがこの時だけは違い!プリンッとしたお尻に興奮させられた。洋彰は思わずパンツをおろし自分のペニスを博美のお尻にこすりつけていた。
「彼女相手だと思わず体が動いてしまう!」
 洋彰は心の中でつぶやいた。そうつぶやきながらお尻にペニスをこすりつけさらに博美の胸を揉んだ!
「せっかくちんちんついてるんだから女の子相手にも使わなきゃね!」
 博美が言った。そして博美は再び洋彰の方を向く!そんな博美のパンティーを洋彰は脱がし博美の股間にペニスを自ら押し当てた。
「やはり彼女相手だとブレーキが効かない!」
 心の中でそう思っていても体がどんどん動いてしまう洋彰!そして洋彰のペニスが博美のクリへと入っていく!
「ちんちん!ちんちん!気持ちいい!もっとついて!」
 博美のいやらしい声に洋彰はさらにペニスを博美のクリへ突く!そのいやらしい声に洋彰は我を忘れ激しく突きまくる。そしてイキそうになった洋彰はすかさず博美のクリからペニスを出し少し博美から離れ精液を大量に放出した。
「見えなかった世界が見えたでしょ!楽しんでる間に雨止んだみたい」
 博美はそういって服を来てあっという間にその場を去った。
 我に返る洋彰!誰か来たらまずいと思い慌てて服を着た。
「まさか俺が女にその気になるなんて…。そういえば博美っていってたな。ま、まさかあの女が噂の…。」
 洋彰はその時その女に会うと色香にかかり理性が保てなくなるという魔性の女の都市伝説を思い出した。
「だから俺でもブレーキ効かなくなったんだ。相手が女でも…。」
 女嫌いのゲイが女を性の対象として見た事に洋彰は納得したがやはり女とこんな事するのは汚らわしいと感じる洋彰でありそれ以降も健全なゲイライフを送っていった。
 その後魔性の女の都市伝説にゲイをも色香にかけてしまうほどの色香という内容が加えられたとの事だ!

 そんな中痴漢ハンターのアジトではこんな会話がされていた。
「ゲイをも虜にする魔性の女博美ねぇ~。」
 隼人が言った。
「その博美って女に会うと色香にかかって理性が保てなくなるらしいですよ!」
 そう言ったのはリオだ。
「そんな事ありえるわけないだろそれが本当なら1度あって確認してみたいものだな!」
 隼人が笑いながら言う!
「とかいって本当は会いたいんじゃないですか指令!」
 ララがそういうとそれに乗っかり
「色香にかかっていろいろ楽しみたいんじゃないですか?」
 とナナが言う!
「くだらんこと言うんじゃない!」
 隼人が少し大きめな声でそういう!
「そういえば他にも性欲がコントロールできなくなりそうになるとその性欲に合わせて姿を変えて性欲を満たしてくれるっていうピンク○○っていう都市伝説もあるみたいですよ。」
 ララが言った。
「ピンク○○ねぇ~。そんなのがあったら俺達は必要ないだろう!」
 隼人がその都市伝説に呆れたコメントを入れた。
「言われてみればそうですよね。そんなのあれば性犯罪なんて起きないだろうし…。」
 再びララが言うと
「そういう事だ!」
 と隼人は言った。
 都市伝説がどうであれ痴漢がこの世にいる限りその他の性犯罪がある限り痴漢ハンターの戦いは続くのであった。

 痴漢ハンター ~ゲイ痴漢編番外編~ ~完~

 今回の番外編ではさまざまなクロスオーバーが実現しました。魔性の女博美!ピンク○○といった都市伝説!過去作品を思い出させるようなキーワードを痴漢ハンター達に語らせてみました。そして今回の作品が魔性の女博美の新たな都市伝説が加えられることになります!今後もこのようなちょっとしたクロスオーバーを発動させる予定なのでその部分にも注目していただけたら幸いです!次回も支離滅裂感は否めませんがお付き合い宜しくお願いします。 
この流れで夢の共演的な感じの作品をピックアップ!
※気になったら画像をクリックすればMGSさんの詳細ページにジャンプします!
今回限り豪華共演作品 あやみ旬果&長谷川るい ~プレステージ的・美少女姉妹フルコース~ 【MGSだけの特典映像付】 +20分  佐倉絆と上原亜衣のダブルドリーム

古川いおり×浅野えみ 性感エステ超フルコース!二輪車 ダブル サービス満載!濃密ご奉仕スペシャル! 古川いおり×浅野えみ 超絶頂!ダブル激イキッ!ダブル潮吹き天国

紗倉まな×松岡ちな Wキャスト 姉妹ラブラブ近親相姦 ご奉仕天国 紗倉まな×松岡ちな Wキャスト 巨根激ピストン イカセ地獄

紗倉まな×麻生希 Wキャスト ご奉仕天国 紗倉まな×麻生希 Wキャスト 激イキ地獄


 気休めでもオナニーのおかずの参考にしてもらえると幸いです。
 それでは楽しいエロライフを!

バナーリンク集!

参加しているのでクリックお願いします!

アダルトブログランキングへ
エログ-(エログランキング)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)