ピンク〇〇 ~ピンク学園 女教師麗香編第2話~

 前回読んでない方は第1話を読んでから読んでもらえたら幸いです。ピンク学園に足を踏み入れた麗香がどのように性欲を満たされるのか支離滅裂感は否めませんが注目してください!

 コントロールできなくなりそうな性欲をブレーキするため現れるピンク○○!その○○は願い主の性欲に合わせ姿を変えるという都市伝説!その都市伝説がピンク学園となりコントロールできなくなりそうな性欲を満たそうとしていた。
そのピンク学園に案内されたのは女教師の麗香!麗香はこれからピンク学園で学園を舞台にしたシチュエーションで麗香の持っている性欲の1つを満たされようとしていた。

 1人の男子生徒に教室に連れていかれた麗香!そこには学校では見覚えのない生徒達が座って待っていた!見覚えのない生徒達に疑問を感じながらもその生徒達を見てドキッとする麗香!それもそのはず女教師ものの女教師を自分に置き換えて妄想していた際想像していた男子生徒達だったからだ!その男子生徒達を見て麗香は興奮し始めていた!
「麗香先生早く始めようよ!」
 1人の男子生徒に促され
「そ、そうね…。」
 と、ここにいるのはみんな見覚えのない生徒達ではあったが興奮していたこともあり促されるまま教壇に立った。教壇に立つと出席簿が置いてあったのでそれを開く麗香!すると開いた出席簿からメモが…。そのメモには出欠確認で元気度チェックと書いてあった!
「元気度チェック?体調の良し悪しを聞くのかしら?」
 疑問に思いながら
「出席取りますね!」
 というと生徒達が一斉に立ちズボンを脱ぎだした!
「ちょっとみんな何してるの?」
 と驚きを隠せない麗香!そんな麗香に
「何言ってるの先生!僕らの元気度チェックでしょ!」
 1人の男子生徒にそう言われ
「もしかして、元気度チェックって…。」
 麗香はここで元気度チェックとは何をするのかを悟った!何をするか悟るとまた興奮が増す麗香!興奮した麗香はパンツの膨らみを見ずにはいられなくなった!そして1人1人の膨らみを見ていく麗香!その膨らみにさらに興奮が増す麗香!そこへ!
「先生!今日の俺らの元気かいってよ!」
 と1人の男子生徒が言うと
「えっ、もう、みんな元気ビンビンよ!やっぱ男の子はそうじゃないとね!」
 と、慌てつつも自分でも思いもよらないことを発する麗香!そんな自分に驚きを隠せない!
「これも麗香先生のおかげだよね!」
「麗香先生スタイルいいし!」
「俺、昨日も先生おかずにオナニーしちゃった!」
 自分を性の対象とみている男子生徒達に興奮が抑えられなくなった麗香!そしてジャケットを脱ぎブラウスのボタンを外しブラを上にずらしスカートも上にめくって男子生徒達の前でオナニーを始めてしまった!
「こんなところでそんなことするなんて先生エッチだなぁ~」
「でも、そんな先生が俺達好きだけど!」
 それを嬉しそうに見る男子生徒達!そんな男子生徒達に
「ンッ~。何してるの!見てないでッ!あなた達のパンツの中でッ!膨らんでるの先生に見せなさい!アッ~!」
 といやらしい声で麗香が言うと男子生徒達はすばやくパンツをおろし麗香にその膨らみを見せつける!それを見てさらに興奮する麗香!それを見た男子生徒達は
「先生!そんな中途半端に脱がないでどうせなら全部脱いじゃいましょう!」
 1人の男子生徒のこの一言で男子生徒達に裸にされた麗香!そして男子生徒達も裸になり麗香を囲む!男子生徒達の膨らみに囲まれその膨らみをものほしそうに見出す麗香!その麗香の顔を見て男子生徒達はその膨らみを麗香のありとあらゆる場所に押し当てるなどした!麗香は膨らみが顔に来ればそれを口に咥えたり手の近くに来ればそれをゴシゴシしたり下半身に当たれば腰を振って膨らみに下半身を当てに行ったりと逆ハーレムを満喫!締めは男子生徒達が一斉に射精しその際麗香のありとあらゆる場所にそれをぶっかけた!それを浴び喜びを感じていた時だった。不思議な感覚が麗香を襲う!その感覚に思わず目を瞑った麗香!目を開けるとそこはどこかの更衣室だった!またぶっかけられたはずなのに顔や体には一切何もついてなくさらに麗香は競泳水着を着ていた!
「どういうことなの?これは夢なの?」
 と驚く麗香!そして競泳水着を着ているのを見て
「もしかして今度はプールに行けってこと?」
 と思った麗香!とりあえずプールに向かった麗香!そこでまた新たなシチュエーションが麗香を待っていた!

 ~第3話へ続く~

 まずは教室で男子生徒達に囲まれて性欲を満たしました!また女教師ものの女教師を自分に置き換えて妄想していた際想像していた男子生徒達を登場させたというのもさすがピンク学園に姿を変えたピンク○○ですね!次の舞台はプール!すでに競泳水着を着ている状態です!果たしてどんなエロエロ展開になるのか支離滅裂感は否めませんがお付き合いよろしくお願いします。

ここで女教師作品をピックアップ!
※気になったら画像をクリックすればDMMさんの詳細ページにジャンプします!
巨乳女教師の匂い立つ汗と愛液 神咲詩織 女教師狩り 高樹マリア 大人のオンナを教えてあげる… 美人女教師がマンツーマンで誘惑手ほどき プライベートSEXレッスン26本番!

父兄参観を待ちわびる女教師 吉沢明歩 女教師 奈落の性奉仕 西野翔 ●校痴女教師 明日花キララ

犯された美人過ぎる女教師 希志あいの シャイな男子生徒を変態痴女行為で弄ぶ変態女教師 篠田あゆみ 最高の愛人と、最高の中出し性交。1

担任の女教師に誘われて 五月ふみえ 前田彩七 寸止め女教師ザーメン狩り 「飯沢もも」 登校拒否をしている僕の家に若い美人の担任が心配して家庭訪問にやって来た。最初は僕を学校に来させようと必死だったけど、不意に流れた僕のAVを見た瞬間その熱意はテレビ画面に!しかも発情しちゃったのかパンツにシミができるほどエッチな気持ちになって…

罪と罰 万引き女 #12 女教師編・1 罪と罰 万引き女 #17 女教師編・2 ソープに堕ちた女教師 秋野千尋

 気休めでもオナニーのおかずの参考にしてもらえると幸いです。
 それでは楽しいエロライフを!

バナーリンク集!

参加しているのでクリックお願いします!

アダルトブログランキングへ
エログ-(エログランキング)

ピンク〇〇 ~ピンク学園 女教師麗香編第1話~

 久々の小説です!久々の作品は性欲がコントロールできなくなった時コントロールできなくなりそうな性欲を満たすため現れるピンク○○シリーズの第5弾!今回は今度は学園に姿を変えてコントロールできなくなりそうな性欲を満たします!どんな展開になるのかお楽しみください!

 ここ数年性犯罪が著しく減ってきた世の中!そんな世の中にこんな都市伝説が生まれた。性欲がコントロールできなくなりそうになったときブレーキになり性欲を満たしてくれるピンク○○!その○○は願い主の性欲に合わせ姿を変えるという!そしてその都市伝説がピンク学園になり姿を現す。コントロールできなくなりそうな性欲を満たすために!

 男子校に赴任して3年目になる女教師がいたその女教師の名は麗香!容姿端麗と誠実さで男子生徒を初め他の教師や親からも尊敬され充実した教師生活を送っていたのだが麗香は何か満たされていない気持ちでいた!20代後半ということもあり付き合っている男性がいてもいい年頃!何か満たされていない気持ちでいるのはもしかしたら相手がいないからなのかと思いきや相手は縁があればという程度でしか思っていなかった麗香!そのためなぜ満たされないのか自分でも分からないでいた!
 ある日の休日レンタルビデオ店に行った麗香!そのレンタルビデオ店で麗香は無意識のうちにアダルトDVDを借りていた!麗香が借りてきたのは女教師もの!それも様々なシチュエーションを何本も!これには麗香自身も驚いていたが自分でも不思議なくらいそれらを見たいという欲求に駆られてもいた!
 そして様々なシチュエーションで男子生徒達に犯される女教師や男子生徒や生徒の父親と一線を越えてしまう女教師その逆に男子生徒や生徒の父親や男性教師を誘惑する女教師などの女教師を自分に置き換えそれに興奮しスカートをめくってパンティーの上から股間を刺激していた!股間を刺激しながらジャケット、ブラウスのボタンをすべて外しブラを全開にしおっぱいを揉み始める!
「あっ~。あ~ん!」
 激しい吐息を吐きながらいやらしい声を出す麗香!感度があがってくるとブラのカップを上にずらしてお乳を露わにし乳首を刺激しながらお乳を揉みさらにパンティーをずらして股間に手を入れクリを刺激した!
「もしかしてっ私っ…。こんなことっ求めてるのっ?だっ、ダメよっ!こんなっ~。」
 教師としての理性だけは保とうとする麗香だったがその翌日、様々な場面で理性を失いそうになりかけていた!教壇に立っては生徒達が迫って自分を犯そうとするところを想像したり生徒と1対1で話をしているとその生徒を別の教室に連れ込んで個人授業と言う名目で性行為をしてしまいそうな衝動に駆られていた!そんな麗香を見た男子生徒達は心配になり今日の麗香は何か様子がおかしいと他の先生達に話していた!その話は教頭先生の耳にも入り教頭先生は麗香を呼び出した!
「麗香先生、生徒達から今日の麗香先生は様子がおかしかったと聞いたのですが体調でも悪かったのですか?」
 普段誠実な麗香が様子がおかしいと聞かされ教頭先生は麗香を気にかけていた!
「別にそういうわけでは…。」
 麗香はそういうがここでも理性を失いかけそうな状態に…。ここで生徒に心配させたことを咎められお仕置と称し犯されるところを思い描いてしまっていた!
「何考えてるの私、教頭先生は心配してくれてるのにこんなイケナイ事想像してしまうなんて…。」
 麗香は心の中でそういった!そんな麗香を見てやはり様子がおかしいと感じ
「麗香先生はいつも誠実で熱心に生徒達と向き合ってきたから疲れも出てきたのでしょう!なので今日のところは帰ってゆっくり休んでください!」
 と教頭先生は麗香に帰って休むよう伝える!そう言われ自分でもおかしいと感じていたのでお言葉に甘え帰らせてもらうことにした麗香!
 家に帰りベッドに座り込んだ瞬間目に入ったのは翌日借りた女教師ものアダルトDVD!それを見て麗香は
「きっとこれが原因で今日私おかしかったんだわ!すぐに返してこよう!」
 といいアダルトDVDをレンタルビデオ店に返しに向かった。
DVDを返し家に帰ると麗香の目の前で信じられないできごとが…。
「えっ、なんで、家に帰る道を通ったはずなのになんで学校の前にいるの?」
家に帰る道を通ってきたはずなのに麗香は学校の前にいた!家に帰るよう言われていたのもあったので麗香は引き返して家に帰ろうとしたが引き返しても引き返しても学校の目の前に着いてしまう!そこへ
「麗香先生!麗香先生!至急授業お願いします!」
 という校内放送が流れ思わず学校に足を踏み入れた!足を踏み入れると急に校門が閉まりだす!そこへ1人の男子生徒が麗香の元へ!
「先生!みんな待ってるよ!」
 といい麗香の手を取り教室へ!麗香が足を踏み入れたのは麗香の性欲がコントロールできなくなる前に姿を現したピンク学園だった!

 ~第2話へ続く~

 学園に姿を変えたピンク○○!今回は容姿端麗で誠実な女教師の元へ現れました!充実してても何かが満たされない!それがまさか性欲!それも自分では自覚なくそれがどんどん溜まっていきおかしくなりそうになったところでピンク○○が学園になって女教師の性欲を満たそうとするのですが果たしてどんな風性欲を満たそうとしてくれるのか支離滅裂感は否めませんがお付き合いよろしくお願いします。

ここで女教師作品をピックアップ!
※気になったら画像をクリックすればDMMさんの詳細ページにジャンプします!
汗だくな生徒に発情してフル勃起チ○ポを射精させちゃうムレタイツ女教師 本田岬 憧れの女教師 放課後にひとりのオンナとして股を開くのは罪なのか?何なのか! 270分 大人のオンナを教えてあげる… 美人女教師がマンツーマンで誘惑手ほどき プライベートSEXレッスン26本番!

放置学園 晒された恥辱の裸体 希崎ジェシカ 女教師レイプそれでも生徒を愛している 光井ひかり 婚約者がいるのに誘惑おしゃぶり女教師 佐々木あき

タイトスカート 女教師の淫らなお誘い 柚月ひまわり 人妻女教師ゆり子の誘惑『性』活指導 〜2学期までに気弱な生徒達を立派な男子に…〜 最上ゆり子 魅惑の女教師20名 淫乱猥褻授業4時間

ノーパン フレンチティーチャー ルロア・クララ 高身長×美脚 ムチムチタイトスカート女教師 青い瞳の金髪教師 教えてアメリア先生! アメリア・イアハート

kira☆kira女教師GALS 4時間SPECIAL レイプ×ギリモザ 犯された女教師 倉咲ゆう 女教師 肉体授業 芹沢恋

 気休めでもオナニーのおかずの参考にしてもらえると幸いです。
 それでは楽しいエロライフを!

バナーリンク集!

参加しているのでクリックお願いします!

アダルトブログランキングへ
エログ-(エログランキング)

魔性の女博美の色香にかからなかった男

 本日2月27日はエロー・フォーの小説で登場する魔性の女博美の誕生日ということで今年は魔性の女博美の生誕祭として魔性の女博美の因縁の男が登場する物語を書きました。その前に昨年の生誕祭の時に書いた魔性の女博美が魔性の女になった日を読んでから読んでもらえると嬉しいです!今回も生誕祭のためかなり長くなりますが最後までお付き合い宜しくお願いします。

 ゲイをも虜にしてしまうという魔性の女博美!それは1つの都市伝説にもなっている。だがその魔性の女博美の色香にかからなかった男がいた。なぜその男は色香にかからなかったのかその男に対し博美はどうしようとしたのか?その男と博美の出会いはコンビニから始まる!

 学校に行く前に博美は学校近くのコンビニに必ず寄っていた!そこのコンビニに行くと優しそうで感じのいい男の店員がいてイケメンではなかったがその男の店員に博美は好印象を持っていた。博美はその男の店員のレジに行くと
「いらっしゃいませ!おはよう!」
 と男は優しい笑顔で博美を迎えてくれた。それに対し博美は
「おはようございます!」
 と笑顔で返す!些細なやり取りなのだが博美は男の店員がおはようと言ってくれるのに対し自分の事を特別扱いしてくれているように感じさらにちょっとした会話もしてくれたのが博美は嬉しかった。後にこの男の店員は博美にとって因縁の相手になるのだがそうなることなどその時の博美には微塵にも感じていなかった!しかし男の店員の些細な行動が博美の男の店員に対しての不信感を植え付けてしまう事になる。
 暑さも厳しく夏本番を感じさせるある日の朝いつも通り、コンビニに寄った博美!何を買っていこうかと店内を見ていると1人のかわいらしい女子高生が男の店員のレジに行くのが見えた。そのレジを見ていると
「いらっしゃいませ!おはよう!」
 と男の店員がそのかわいらしい女子高生に対し優しい笑顔で迎えていた。それに対しそのかわいらしい女子高生も笑顔で
「おはようございます!」
 と返していた。さらに男の店員とかわいらしい女子高生は会話も交わしていた。それに対し博美は女子高生の客に対しここまで感じよく接してくれるのは自分だけじゃなかったことにちょっとだけ嫉妬してしまう!そんな中今度はこれまたかわいい2人の女子高生が会計のため男の店員の元へ!するとそのかわいい2人の女子高生に対しても男の店員は
「いらっしゃいませ!おはよう!」
 と優しい笑顔で迎えていた。それに対しかわいい2人の女子高生も
「おはようございます!」
 と笑顔で返し会話も交わしていた。博美の嫉妬がまた少し膨らみ始める!またさらに別の女子高生が男の店員の元に会計に行く!その女子高生に対しても
「いらっしゃいませ!おはよう!」
 と男の店員は優しい笑顔で迎える!その女子高生も
「おはようございます!」
 と笑顔で返し会話も交わしていた。この時博美の中に男の店員に対しての不信感が募り始めていた。そして男の店員のレジの元へ!さきほどの女子高生と同じように
「いらっしゃいませ!おはよう!」
 と男の店員は優しい笑顔で応対するがそれに対し博美はムスッとした顔をしながら男の店員を見た!そんな博美の態度に多少首をかしげるような雰囲気は出していたがいつも通りのレジ対応!それをムスッとしながら見る博美!その際主に目を見ていた博美!その時その目線が自分の胸に行くことが多いように感じていた!そして会計袋詰めが終わるとすかさず店を出る!
「接客にかこつけてさりげなくおっぱい見るなんて!嫌らしい!」
 博美は心の中で怒る!そして…。
「もしかして…。」
 と何かを悟ったようだ!

 そして次の日の朝コンビニへ!
 博美は男の店員を気にしながら商品を見ていた!初めて嫉妬させられた時に男の店員が接客していたかわいらしい女子高生が男の店員の元へ!男の店員は前と同じように声をかけそれにかわいらしい女子高生も言葉を返す!そんな中博美はかわいらしい女子高生に愛想よくする男の店員にムッとしつつも商品を見ながら男の店員の目線に注目していた。
「目線がおっぱいに行ってる気がする。」
 博美はそう感じた!かわいらしい女子高生を見ると上はブラウスでブラウスからミント色のかわいいブラが透けていた!
「きっとブラウスから透けるブラジャーをさりげなく見てるんだわ!昨日だって私のおっぱいに目が行ってたのも私のブラウスから透けるブラジャー見てたに決まってる!これは絶対他の娘のも見ようとするわね!」
 そんなことを思っている間に今度は地味目な女子高生が男の店員の元へ!その娘に対しても愛想を振りまく男の店員!さきほど同様博美は男の店員の目線に注目!しかしさきほどとはうってかわり目線は相手の目だった!それを見た博美は
「あの娘に対してはずっと目だったわね。きっとあの娘はベスト着てたし見れないもんね!」
 と推測した!すると今度は小柄でエロい雰囲気を醸し出している色気たっぷりの30代後半から40代前半ぐらいと思われる女性が男の店員のレジへ!その女性を見ると襟は青いけど白いTシャツでさらにその白いTシャツは透け具合がよく赤い花が派手にデザインされたセクシーな黒いブラがブラウス以上に透けていた。そのため博美が気になったのは男の店員の目線!その目線を見るや否や
「やっぱり目線がおっぱいに行ってる!この人雰囲気がエロいしそれに加えてセクシーなブラジャー透けてたし…。」
 と男の目線が透けてるブラに行っていると感じる博美!その女性が会計を終え店を出ると今度はかわいいお姉さんが男の店員のレジへ!レジ会計しながらも2人は親しそうに話をしている。またかわいいお姉さんは声もかわいかった。2人が親しそうに話しているのを見て不快感を示す博美!不快感を示しながらも目線を見る!
「やっぱり!」
 目線を見て博美はそう感じた!そのかわいいお姉さんもブラが透けていたからだ!かわいいお姉さんにピッタリのかわいい黄色いブラが…。このかわいいお姉さんはまさにかわいいづくしだ!それだけではない!
「おっぱい大きいから…。」
 博美の言葉通りかわいいお姉さんはおっぱいも大きかった!会計が終わり店を出るかわいいお姉さん!そしていつまでもここにいるわけにもいかないので博美は会計のため男の店員の元へ!昨日同様男の店員に対しムスッとした態度を取る!ムスッとしながらも目線を気にする!昨日同様博美もブラウスからブラを透けさせていた!また目線がそこへ行くことも踏まえかわいらしい水色と白のストライプのブラをチョイス!見られるならセクシー系にしようとも思ったがまずはかわいらしいので様子を見てみることにした博美!
「ほら思った通り!」
 と男の店員の目線が博美のブラウスから透けてるブラに行っていると感じこの時昨日悟っていたことが自分にとっては確信していたものになっていた。

 その日の夜、博美は自分の部屋で男の店員の事を考えていた。
「思った通りあの男の店員感じよさそうなふりして接客にかこつけてちんちんおっ勃てながら透けてるブラジャーさりげなく見てたわ!それだけじゃない!店内でスカート短い娘見たらパンティー見るチャンスも窺ってもいるんだわ!そして今頃そこから下着姿とか想像してそれをおかずにオナニーしてるんだわ!もう最悪!そんなことする人だからきっとちんちんだらしないんだわ!」
 そんなこと言いながらも博美は自分もおかずの1人にされていることに興奮していた。そして無意識のうちに手がおまんこに行っていた!

 そして1年の月日が流れ再び夏がやってきた時!他の娘に対し優しい笑顔で迎える男の店員に対し不快感を示しながらも男を魅了することを覚えた博美は男の店員に対し商品を見ながら短いスカートを駆使しわざとパンティーを見せつけようとしたり会計の際はブラウスから透けるブラだけでなくブラウスの隙間からブラが見えるようにあらかじめ調整しておいたりと男の店員に対し他の娘よりもインパクトを与えようとした!そんなことをしつつレジ会計を済まし店を出た後博美は
「やっぱり見たわね!私のブラジャーとパンティー!」
 と不快感を示しながらもしてやったりな気持ちで心の中でそう言った!
 そんな博美は自身の誕生日でなおかつ魔性の女になった2月27日ある決意もしていた。いつかこの男のだらしないペニスを晒してやろうと…。
 そして数年後ようやくそのチャンスがやってくる。思わぬところで男の店員と遭遇した。それは旅先で寄った百貨店のエレベーターだった。まさかこんなところで遭遇するとは博美も思わなかっただろう!目は合ったが特に反応はなかった!だが博美にとって好機な状況になった。大きな百貨店だったがエレベーターには男の店員と2人だけ!すでに理性を失わせるほどイケメンを中心に何人も男達を色香にかけてきた博美!そのためか大してイケメンでもないこの男なら簡単に理性を失わせることができると考えていた。男の店員は博美より後ろにいたので博美はパンティーがさりげなく男に見えるようわざと小物を落として拾う仕草をしてみた!
「やっぱりいつでも戦闘態勢にしておくものね。」
博美はいつお楽しみを迎えてもいいよう常に下着は戦闘態勢だった。そして今日もまたさらにこの旅で主にイケメンの男達を色香にかけ楽しもうと考えてもいた。
「フフッ!見てる!見てる!今日のパンティーはTバック!きっと興奮して見てるはずだわ!」
 今日の博美はTバックパンティー!プリンッとしたお尻が男の店員目に見事に入った。手ごたえを感じた博美だったが男の店員は平静を保っていた。
「嘘でしょ、なぜ平静でいるの!確かに手ごたえあったはずなのに!だったら今度はブラジャーで!」
 そう心で言いさっきとは別の小物をわざと落とす!今度は男の店員の所に小物を転がすように…。そして男の所に落とした小物を拾うため男の店員に近づき小物を拾う仕草をしつつわざと男にブラが見えるようかがんだ!男の店員目には光沢のある黒と黄色の縦縞柄のブラが見事に入った。また小物を拾う際博美は男の店員の股間もチェックした!
「平静は保っててもちんちんは正直ね。私のブラジャーやパンティー見てあんなにちんちん膨らませちゃって!これならそのだらしないちんちんを晒すのも時間の問題ね!」
 だが博美の思い描いていた展開にはならなかった。確かに男の店員は博美のブラやパンティーが見えた際ペニスを膨らませてはいたが見れてラッキー程度でその後何事もなくエレベーターから降りて行った。
「何で平静だったの。確かにちんちんおっ勃ててたはずなのに…。男なら本能の赴くままに私を求めるはずなのに…。超イケメンな男だって私を求めてきたのに…。なんで大したイケメンでもないあの男は私を求めなかったの…。」
 男の店員が色香にかからなかったことに納得がいかない博美!理性を失わせるほどイケメンを中心に何人も男達を色香にかけてきた魔性の女博美にとってこれが初めての屈辱になった。その後その屈辱をはらさんとばかりにこの旅でさまざまな男達を色香にかけていった。だがこのままでは終われない博美!その初めての屈辱から数か月後今度はビーチで男の店員の姿を見かけることになる!

「まさかここで出会うなんてね。今は1人のようだけど誰かと来てるのかしら…。そんなことどうでもいいわ!どうせ女の子の水着目当てに来たに決まってるんだから…。」
 そう言いながら博美は男の店員の目線に注目した!男の店員はいろんなところに目線を向けていた!あっちこっちに水着ギャル達がたくさんいたこともあり
「ほらやっぱり女の子の水着目当てで来たんだわ!そうやって女の子の水着を見てはだらしないちんちんを膨らませて!ほんといやらしい!」
 と思っていると男の店員は立ち上がりその場を離れる!その男の店員の後を博美はつける!男の店員は水着でも入店可能なビーチのコンビニに入っていき、そのコンビニに博美も入る!男の店員はトイレに入ったようだ!そして博美にとって好都合な状況になった!ここで博美もトイレに入れば男の店員と2人だけの空間を作ることが可能になる!ここで自らの水着姿を見せつけ今度こそ理性を失わせて男のペニスを晒してやろうという作戦だ!博美は1度空いているトイレに入って男の店員が出てくるのを待った!
「まさかこんなところで遭遇するとは思わなかったわ!さらにこんなチャンスまで訪れてくれるなんて思いもしなかったわ!このカラフルカラーの水着選んでおいて正解だったわね。今日はイケメン目当てでのチョイスだったけど!」
 今日の博美は色鮮やかなカラフルカラーのビキニ!このカラフルカラーのビキニが博美の体を引き立てていた!その博美の水着姿にすでに色香にかかった男もいた!男の店員と遭遇する前に…。とはいえ色香にかけることはできても人だかりでにぎわっているところではさすがの博美も理性を失わせるという効果を出すことはできないようだ!そして水の流れる音がしたのでもしかしたら出てくるだろうと思い博美はトイレから出る。すると見事に男の店員と博美は同時にトイレから出てきたのだった!男の店員の目には博美の水着姿がしっかりと入った!
「見てる!見てる!しっかり見てるわね!」
 すました顔して博美は洗面台に手を洗いに行くふりをする。まるで息が合っているかのように男の店員も手を洗おうと洗面台に!そして男の店員は
「先にどうぞ」
 と、博美に順番を譲ろうとした。ここでもまた息が合っているかのように
「どうぞ!」
 とお互い譲り合い!その時だった。博美はあることを思いつき
「すいません!先に失礼します!」
 と言って洗面台へ!ここで手を洗わないと変だと思われるので博美は手を洗う!そして思いついたことを実行する!男の店員は手を洗うため後ろで待っている!そこを博美は狙った。博美は軽く腰をくねらせお尻を振りながら手を洗う!これで男の店員の性欲を掻き立てようとしたのだった!博美の思惑通り男の店員は博美のお尻に目線が行った!それを博美は鏡越しで確認する。確かに手ごたえはあった!博美の水着姿に性欲が湧いてはいたようだが水着の女の子を間近で見れてラッキー程度にしか男の店員は思っていなかったようだ。手洗いに長居はできないので男の店員にすいませんとお辞儀だけしてトイレを出た!
「なんであの男は本能剥き出しにならないの!確かに私の事しっかり見て性欲だって湧いていたはずなのに…。」
 1度ならず2度までも色香にかからなかったことに苛立ち始める博美!この出来事を機にこの日はイケメン達は食いつかず水着ギャル達とのヤリ目当てのチャライ男達が本能剥き出しに博美に寄ってきただけだった!そんなチャライ男達のヤリ目当てを逆手に取り博美はチャライ男達に色香をかけ人目のいないところに誘導!すでにチャライ男達は本能剥き出しだったので色香にかけるなんてたやすい事だったがどれだけチャライ男達を色香にかけても満足することができなかったがその数日後再び男の店員と出会う事になる!

 突然の夕立に襲われた博美!すぐそばに雨宿りできそうな建物があったのでそこへ慌てて入り雨宿りすることにした!建物に入ると同じように夕立に襲われ雨宿りしている人物がいた!その人物はなんとあの男の店員だった!
「まさか、こんなに早く会うことになるなんてね。」
 博美は因縁を感じた!それは1度ならず2度までも色香にかからなかったことでこのままでは終われないいつか男の店員を必ず色香にかけだらしないペニスを晒してやろうという執念がそう感じさせたようだ!そんな中雨で濡れて服が体にひっつく感覚を感じた博美!体にひっつく服を目にすると服から赤い薔薇が派手にデザインされた黒のブラが透けていた!さらにパンティーも!

 今日も博美は白いワンピース!雨で濡れてしまった事で下着がモロに透けてしまったようだ!それを見た博美は
「服がひっつくのはちょっとあれだけどこれは好都合だわ!この透けてる下着を利用してこんどこそあの男のだらしないちんちん晒してやるわ!きっとこの透けてる下着を見てだらしないちんちん膨らませるはず!と言ってもこの男のことだからすでに見てるだろうけど…。」
 と心で言いながら透けてる下着が見やすくなるようひっついた服のひっつき具合を調整する博美!そして博美の思惑通り男の店員の目線は博美の服から透けてる下着に!そこへ博美はさらに猛攻をしかける!わざと小物を落としそれを拾う際透けてるのをうまく利用し男の店員にお尻を強調するような恰好をした!さらにパンティーはTバックその博美の透けてるTバックパンティーは見事に男の店員の目に!
「見てる!見てる!」
 博美はニヤリとしながら心の中でそう言った!小物を拾った博美はさらに猛攻!透けてるブラジャーが男の店員に見やすいようおっぱいを強調する!男の店員の目線は見事に博美の透けてるブラに!
「この男どちらかというとお尻よりおっぱいが好きみたいね!」
 博美はそう感じた!博美がそう感じたのはお尻の時よりおっぱいの時の方が視線を感じたからだ!これで終わらせない博美!今度はスカートからパンティーをわざとちらつかせるため濡れたスカートの水をタオルを絞るように絞った。うまい具合に博美のパンティーはスカートからちらつき男の店員の目に入る!
「ほら見た!だいぶ興奮してるわね。さぁ今度こそそのだらしないちんちんさらしてもらうわ!」
 博美は勝利を確信した。だが男の店員は濡れるのを覚悟で外へ飛び出して行ってしまった!
「あの男!どうして…。」
 博美は男の店員だけが本能剥き出しならないことにさらなる屈辱を感じた。それがさらに負のスパイラルを生みその後どれだけ魅了してもイケメンは全く引っかからず博美の好みとは全く違う男ばかりが痴漢目当てやヤリ目当てに寄ってくる状態が続きイケメン不足に陥り性欲が溜まるに溜まりそしてその性欲がピークに達し性欲がコントロールできなくなる寸前まで追い詰められピンク○○ピンク電車となり博美の前に姿を現すことになる!
 ピンク電車によってひとまず性欲をブレーキできた博美!その時の記憶は無くなっていたがその後もイケメンを中心にたくさんの男達を色気にかけ理性を失わせて本能剥き出しにさせるほどの色香を発していった。しかしあれ以来男の店員と会うことはなかった!なぜ男の店員は博美の色香にかからなかったのだろう!確かに博美の考えていることは当たっていた。男の店員は博美をはじめ接客にかこつけて透けてるブラをさりげなく見ていた!そしてそれを見てペニスを勃たせていた。またスカート短い娘がお店に来た際にはスカートからチラッとパンティーが見えないかとチャンスも窺っていた!さらにそこから下着姿などを想像しそれをおかずにオナニーしていることも…。そしてビーチでは水着姿の娘達を堪能していたことも…。だが博美が考えてる以上に男の店員の性欲のスケールが大きかった。1人でも多くのかわいい美少女やギャル、きれいなお姉さんに妖艶な美熟女そしてそれにあたる人妻など幅広いタイプの娘達の下着姿やおっぱいそして裸を堪能したいと感じの良さとは裏腹に強い性的願望を持っていた!しかしそれだけの性的願望を持っていながらもエッチな目で見たり考えたりオナニーのおかずにさせてもらった娘達に対し礼儀や敬う事を忘れていなかった。それが博美の色香にかからなかった要因だったのかもしれない…。といっても博美のブラウスから透けてるブラ見た時やエレベーターで会った際博美が意図的にブラやパンティーがさりげなく見えるようにしたのを見た時も水着でも入店可能なビーチのコンビニのトイレで水着姿を見た時もそして夕立で雨宿りするために入った建物で濡れたワンピースから透けるブラとパンティーを見た時も性欲は湧いていた!ペニスも勃たせていた!そしてその場では平静を保っていたがその日の夜にはそれをおかずにオナニーをしていたがそれでも男の店員にとって魔性の博美も幅広いタイプの娘達の1人に過ぎなかった。だが博美は諦めていない!いつか男の店員のだらしないペニスを晒してやろうと思いながら今日もイケメンを中心にたくさんの男達を色気にかけ理性を失わせて本能剥き出しにさせるほどの色香を発する魔性の女博美であった!

 魔性の女博美の色香にかからなかった男 ~完~

 長くなってしまいましたがこれも魔性の女博美生誕祭作品ということで昨年同様1つにの記事にまとめたかったので…。どちらにしても支離滅裂感は否めませんが…。魔性の女博美過去にいろんなところに登場したくさんの男を色香にかけてきました!色香にかかった男は理性を失ってしまうのですがなんとその魔性の女博美の色香にかからなった男が存在!これには過去に魔性の女博美が登場した作品を読んだことある人にとってはこんな男がいたのかと驚いたかもしれません!そしてその男との3度の因縁の対決は過去に魔性の女博美が登場した3つの似た場所を選択!今後因縁の対決が繰り広げられるかは2018年2月27日時点では未定ですがそんな魔性の女博美!今度はどこに現れどんな男を色香にかけるのか今後も注目してください!次回作はいつになるか分かりませんがその時はまたお付き合い宜しくお願いいたします。

 気休めでもオナニーのおかずの参考にしてもらえると幸いです。
 それでは楽しいエロライフを!

バナーリンク集!

参加しているのでクリックお願いします!

アダルトブログランキングへ
エログ-(エログランキング)

きっかけは透けブラ ~女子大生女子寮編第4話~

 前回読んでない方は第3話を読んでから読んでもらえたら幸いです。まだまだ女子寮の女子大生とのエロエロ展開は終わらない!そして女子寮の女子大生達とのエロエロタイムは舞台を変えての新たなエロエロ展開!支離滅裂感は否めませんがお付き合い宜しくお願いします。

 今日は休日、横になりくつろいでいた俺、その間女子寮での出来事を思い出していた。思い出しているうちにおちんぽが膨らみムズムズしてきたのでその出来事を思い出しながらオナニーしようとしていたその時だった。
 ピンポ~ン
 チャイムが鳴った。
「誰だろう!」
 とつぶやきながら玄関を開けるとそこには女子寮の女子大生達がいた。そして
「お邪魔しま~す」
といい、突然上がり込む!
「ちょ、ちょっと…。」
 突然の来客に少々慌てる俺!そんな俺をよそに
「今日は休みだしもしかしたらまたいやらしい事してるんじゃないかと思って様子見にきちゃいました!」
「もしかしてもうしちゃったとか!」
「それともこれからしようとしてたんですか!」
「ほんと徹さんはエッチですね!」
 イタズラっぽく言う彼女達!図星を突かれた俺は一瞬ドキッとした。そして
「そんなことだろうと思って今日はお相手しに来ました!」
 と言うと彼女達は一斉に服を脱ぎだす。服を脱ぎだした彼女達の姿に俺は驚いた!彼女達の格好がギリギリ乳首が隠れるくらいのブラと下のお毛毛がギリギリ隠れるくらいのパンティーだったからだ!まさにマイクロビキニ!実際生で見るのは初めてで想像以上に興奮させられた。おちんぽがどんどん膨らみムズムズしてきた。俺は我慢できず自らパンツと一緒にズボンをおろし彼女達に膨らんだおちんぽを晒した。
「興奮して自分で下ろしちゃうなんて徹さんほんとエッチ!」
「これ結構恥ずかしいけどかなり効果あったみたいですね。」
「下脱いじゃったし上も脱いじゃいましょ!」
 上も脱がされすっぽんぽんにされた俺!すっぽんぽんにされた俺は早速彼女達に乳首を指で舌で攻められそしておちんぽをゴシゴシされた。そんな彼女達の攻めに感じまくり思わず腰が動いてしまいさらに
「あぁ~。」
 といやらしい声をあげてしまった。
「徹さん今日も感度いいですね。」
「これもエッチな証拠ですね。」
 俺のいやらしい声を聞きからかうようにそう言う彼女達だがやはり布の面積が狭いからか俺を攻めるのに多少なりとも動いていたため乳首やお毛毛が見えている娘もいてやはりその乳首やお毛毛に目が行ってしまう!そんな俺を彼女達は見逃さなかった!
「徹さん見えないかと思ってやっぱり見てた!」
「もう考えてる事はお見通しですよ!」
「ごまかそうとしてもおちんちんこんなに大きくしてたらごまかせまんからね。」
「今日はエッチな汁が出なくなるまで搾り取りますからね!」
 そう言うと彼女達は一斉に俺に体重をかけて来て俺にしりもちをつかせそして仰向け状態にする。仰向け状態になった俺の上に1人がまたがり布をめくって露わになった下半身をおちんぽに腰を激しく動かしながらこすりつけてきた。それに合わせ俺も腰が激しく動いた。これがまた気持ちいい!そしてまたがってない彼女達は俺の乳首を舐めたり指で転がしたりしてしさらに俺の手をまたがってる娘のおっぱいに持ってく娘もいた。その際俺の手で布をめくって乳首を露わにさせた。おっぱいに手が触れた俺は腰を激しく動かしながらおっぱいを揉みまくっていた。また自分達でそんな状況を作っておきながら
「腰をうごかしながらそんな風におっぱい触るなんて徹さんエッチ!」
 なんていう始末!そんなことをしている間に俺のおちんぽから大量の精液が発射された。それを見て
「あっ、早速いっぱい出ましたね。」
 なんていう娘がいた。そして
「それじゃあ次は私ね」
 今度は別の娘が俺の上にまたがった。
「言いましたよね。出なくなるまで搾り取るって!」
 俺にまたがってきた娘がそう言うと
「徹さんエッチな事いっぱい考えてるからまだまだ出そうだよね」
 と別の娘がいいそれに賛同する彼女達は
「今だって私達の事見てエッチな事考えてるもんね。」
 と言う!そして同じ行為が行われた。俺のおちんぽから大量の精液が発射されると別の娘が俺にまたがり同じ行為が行われる。出しても出しても出てくる精液に彼女達は
「ほらやっぱり徹さんエッチだから出しても出しても出てくる!」
 とイタズラっぽく言い出す!全員がひと通り行為を終えると
「まだ出そうですね。」
「どうしようか!」
「布も邪魔になってきたからとっちゃおう!」
 そんなやりとりをし彼女達は一斉にマイクロビキニを脱ぎ捨て俺の乳首を舐めたり指で転がしたり俺のおちんぽをシゴいたり舐めまわしたりしてきた。それだけではないおっぱい舐めてと言わんばかりにおっぱいを俺の顔に近づける。興奮もあってか俺は近づくおっぱいをチュパチュパとしゃぶっていった!そして再び大量の精液を発射した!その後まもなくかなりの精液を出し尽くしたからか俺のおちんぽは瞬く間にフニャフニャになった。
「さすがの徹さんもこれだけ精液搾り取られたらおちんちんフニャフニャになっちゃうね。」
「といってもまたエッチな事考えるだろうから明日には回復しちゃうかもしれないですけどね。」
「徹さんの精液搾り取ったことだし今日のところは退散しますか!それじゃあまた!」
 そう言って彼女達は服を着て帰っていった。彼女達にだいぶ精液を搾り取られ疲れた俺は彼女達が帰った後すぐシャワーをあびそのまま朝まで寝過ごした。そして翌日最後のメンテナンスを終え女子寮での仕事は終え通常の生活へと戻っていった。だがその後も女子寮の女子大生達は家に押しかけてきては俺の精液をあの手この手で搾り取りに来ていたのだった。
 まさか女子寮の家電製品のメンテナンスに行ってそこで見た女子大生透けブラがこんな展開を迎えることになるとは夢にも思ってなかった。まさにきっかけは透けブラだ!

 きっかけは透けブラ ~女子大生女子寮編~ ~完~

 透けブラがきっかけでエロエロ展開になってさらに家まで押しかけてきてエロエロしてもらってなおかつ空になるまで精液を搾り取られるくらいエッチな事するのだからうらやましいですよね。夏には是非とも出会いたいさりげないエロ、透けブラ!その透けブラがきっかけでエロエロ展開迎えてみたいですよね。透けブラからエロエロ妄想した事のある男の子は多いかもしれませんが…。エロー・フォーもその1人!それがきっかけは透けブラシリーズを生んだのかもしれません!次回作はいつになるか分かりませんがその時はまたお付き合い宜しくお願いします。
ここでマイクロビキニが登場したということでマイクロビキニをきた娘が登場した作品をピックアップ!
※気になったら画像をクリックすればMGSさんの詳細ページにジャンプします!
マイクロビキニを脱がさないで 素人水着オーディション 芸能スカウトのふりしてナンパ連れ込み 羞恥撮影でマイクロビキニびしょびしょ娘続出!!

ハミ乳!ハミ毛!当たり前!!見ているだけで勃起するボイン丸見え極エロマイクロビキニ妻 ~過激な誘惑にドピュドピュ大量発射しちゃった僕~ 30人8時間 メール即ハメ便 千紗

女子校生マイクロビキニヨガ 女子校生マイクロビキニヨガ VOL.2

田舎娘に「アイドル候補生を探せ!」オーディションと偽り、人生初めてのマイクロビキニを着せてこんなエロいことしちゃいました!18才限定素人娘5名 ディルドーフェラ舐めまくりSPECIAL 女子校生×マイクロビキニ×ディルドー

 気休めでもオナニーのおかずの参考にしてもらえると幸いです。
 それでは楽しいエロライフを!

バナーリンク集!

参加しているのでクリックお願いします!

アダルトブログランキングへ
エログ-(エログランキング)

きっかけは透けブラ ~女子大生女子寮編第3話~

 前回読んでない方は第2話を読んでから読んでもらえたら幸いです。今度はお風呂に部隊を移して女子大生達とエロエロタイム!支離滅裂感は否めませんがお付き合い宜しくお願いします!

 浴室に連れていかれた俺、そして彼女達はシャワーから出たお湯を俺にそして彼女達自身にかけた!彼女達の濡れた肌にまた興奮する!そんな俺をよそに俺の体に泡をつけていく彼女達!それも手で!女子大生に手で体洗ってもらえるなんて夢のようだ!またみんな裸というのがまたたまらない!それだけでは終わらない!彼女達は自分達の体に泡をつけ俺に密着した!そして密着されながらおちんぽゴシゴシされてあまりの気持ちよさに
「あぁ~。気持ちいい!」
 といやらしい声を出してしまった。
「徹さん何いやらしい声だしてんの!もう!エッチ!」
 といいながらもさらに密着しおちんぽをゴシゴシしてくる彼女達!そしてついに…。
「徹さん!徹さんのおちんちんからいっぱいエッチな液体が出てきましたよ!」
「ほんと徹さんってエッチなんですね!あんなにおちんちん大きくして!」
「私達徹さんにそうとうエッチな目で見られてたんですね!」
「今だって目線おっぱいですよね!」
 図星だった。ブラが透けてるのを見た時点で彼女達の事をエッチな目で見ていた。そして今目の前で裸の彼女達に目が離せないでいる。特におっぱい!男としては見事にボリューミーできれいなおっぱいが目の前で露わになっていたらどうしても目線が行ってしまう!おっぱいだけではない下のお毛毛にも目がチラッと行ってしまっている俺だった。そんな俺を彼女達は見逃さなかった。
「徹さん!今、あそこチラチラ見てたでしょ!」
「おっぱいだけじゃなくてあそこも好きなんだ!」
「またおちんちん大きくして!」
「エッチ!エッチ!」
 とキャピキャピと彼女達は言う!そして今度は下半身を俺の下半身や腕にこすりつけてきた。おちんぽに当たると気持ちよく思わず
「あぁっ~」
 と声が出てしまう!さらに下半身が手に当たると
「あぁ~。クリちゃん触った!徹さんエッチ!」
 なんてふざけてくる彼女達!だがそれも下半身が手に当たった時の感触は気持ちよく思わず手が動いていたのも影響しているかもしれない!それだけではない俺のおちんぽを見て
「もしかしたら硬くなったおちんちんでクリちゃん攻めようとしてる」
「いや~ん!」
 と言い下半身を手で覆い隠すそぶりを見せたが
「攻められる前に攻めちゃえ」
 と瞬く間にそして容赦なく下半身をおちんぽにこすりつけてくる。あまりの気持ちよさに思わず腰が動く!
「もう徹さんったらこんなに腰動かして」
 なんて言いながらさらに激しくこすりつけてくる彼女達!さらに気持ちよさが増しとうとうイキそうになったので
「みんな1度離れて!」
 すかさず声をあげる。彼女達からすればいきなり声をあげられた状況になる。彼女達は驚きすばやく俺から離れる。そして大量の精液をおちんぽから発射した。
「すご~い!いっぱい出ましたね。」
「こすりつけたらあんなに気持ちよさそうにして」
「やっぱりエッチですね。」
「でもこれで今日は帰ってからいやらしい事しなくて済みますね。」
 といいながら大量の精液を発射したのを見てからかうようにいう彼女達!ひとまず彼女達とのエッチな時間は終わった。しかしこれで終わりではない。新たなエッチな展開が俺を待っていた。

 ~第4話に続く~

 お風呂でエロエロいいですね。濡れた体がまたエロさを演出しますしまた泡のついた体で密着プレイもたまらないですよね。これだけエロエロすればもう終わりだろうと思うかもしれませんがまだ終わりません!新たなエッチな展開がありますので次回もお付き合い宜しくお願いします。
ここで募集ちゃんより今回登場する女子大生達のようにおっぱい大きな女子大生達をピックアップ!
※気になったら画像をクリックすればMGSさんの詳細ページにジャンプします!
募集ちゃん 074 かんな 21歳 大学生 【きゃりー○みゅ○みゅ】に似てると言われる19歳Gカップ女子大生みみちゃん参上!清純そうに見えて男性経験50人越えのヤリマン大学生!応募理由は「海外旅行に行きたいから♪」数々のチ○ポを挟んだパイズリは必見!「知ってるんです。おっぱいが武器になるって♪」何っ!?弾けるおっぱいを武器に学校帰りにAV出演!やっぱり好きだよね、おっぱいって…。男の負けです!
募集ちゃん 089 ユリナ 20歳 短大生 募集ちゃん 093 あずき 19歳 短大生

バイト辞めて金欠のめちゃカワ女子大生みりちゃん参上!19歳の女子大生は「好きなSEXしてお金が貰えるバイトってAVしかないですか?」って甘ちゃん発想大歓迎!出演するしないは本人の自由!騎乗位でゴリゴリ腰を押し付けイキまくる!それも自由!自由っていいよね~♪♪♪  Fカップ大学生のなつちゃんは「中学の頃はペチャパイでした。」そしてまだまだ発育中!!ぷるんぷるんの乳ゆらしまくりでさ~、揉みたいゎ~♪パイズリされたいゎ~♪皆もそうだろ~?よし!見てみよう!!

Gカップ女子大生21歳みゆちゃん参上!応募理由は「学費の返済とSEXが好きだから…」セフレが10人いるヤリマン巨乳女子大生は勉強しないでSEX三昧!「私、ガンガンされるの好きなんです…♪」承知致しました!大量燃費に相応しい絶頂アクメっぷり!「私、SEX依存症なんですかね?」医者じゃないけどそうだと思いますょ!!! 21歳スレンダー巨乳女子大生よしかちゃん参上!応募理由は「人並み外れた性欲なんで…♪」常人ではないと言う女子大生は、責めるのも好きと何やら凄技を披露!騎乗位でハメながら手コキをする超人だった!性欲が溜まったBODYは何度も絶頂を繰り返す…「普通じゃないって言われるんですけど、どーですか?」YES変態です!

 気休めでもオナニーのおかずの参考にしてもらえると幸いです。
 それでは楽しいエロライフを!

バナーリンク集!

参加しているのでクリックお願いします!

アダルトブログランキングへ
エログ-(エログランキング)

きっかけは透けブラ ~女子大生女子寮編第2話~

 前回読んでない方は第1話を読んでから読んでもらえたら幸いです。女子大生達とどんなエロエロ展開を繰り広げられるのか!興奮の第2話お楽しみください!

 女子大生の女子寮の大部屋のクーラーを念入りに調べていた俺、大丈夫そうだなと作業を終えようとした俺に対し女子大生達が群がり俺のズボンをおろしてきた!
「ちょっ、ちょっと何やってんですか!」
 女子大生達の思いもよらない行動に慌てる俺!そんな俺をよそに
「あらあらこんなに膨らませちゃって!パンツの上からまるわかりだよ!」
「でもこんなに膨らませてくれるなんて嬉しいけどね」
 なんていう彼女達!そんな彼女達に俺は
「な、なに変な事いってるんですか」
 といいながら慌ててズボンをあげ下に降りる俺!そしてそこへ群がる彼女達!俺の所へ群がってきた彼女達は俺のズボンを再び下ろす!
「なんでこんなに膨らんでるのかなぁ~。」
「もしかしてこれ見てかな?」
 1人の女子大生がそう言うと彼女達は一斉に上を脱ぎだす。
「仕事しながら結構チラチラ見てたよね!」
 図星を突かれ俺は一瞬ドキッとした。
「どう生で見るブラジャーは!やっぱスケて見えるのよりいいでしょ!」
「ブラジャーだけじゃなくてこっちもみたいかな!」
 今度は下を脱ぎだし下着姿になる彼女達!俺は嬉しい反面焦る反面の状態になった。
「この格好思い浮かべながらいやらしい事してたんでしょ!」
「気のせいかなさっきより膨らんでる気がする!」
「これはパンツも下ろしたほうがよさそうね!」
 そしてパンツも下ろされおちんぽ丸出しになった俺!慌てておちんぽを隠す俺!
「ほら、ダメでしょ隠しちゃちゃんと手どかしてね。私達の見るだけ見ておいてずるいよね!」
 自分では気づかないよう彼女達の透けブラをチラチラ見ていたつもりだったがどうやら彼女達には見透かされてしまっていたようだ!俺は何も言えず言われた通り手をどかしおちんぽを彼女達に晒した。
「徹さんすごく大きい!」
「エッチですね!」
「今日もいやらしい事しようとしてるんですか?私達で!」
「それだったらここで片づけちゃいましょう!」
 そういうと彼女達はブラを取りおっぱいを露わにした。そして彼女達の見事なまでにボリューミーできれいなおっぱいに釘付けになった。
「すごいおっぱい見てる!」
「それにさっきよりもおちんちん大きくなってる気がする!」
「これはそうとうなおっぱい好きですね。」
「徹さんやっぱりエッチ!」
 そういいながら俺の上着を脱がす彼女達!俺は素っ裸にされた。
 俺を素っ裸にした彼女達は
「いろいろ機械見てもらったお礼にいっぱいご奉仕してあげるね。」
 といい俺の乳首を舐めたり俺の口に舌を入れて俺の舌に絡めたり俺のおちんぽをゴシゴシしたりしゃぶったりと性欲を刺激する。それだけ終わらない!
「あっそうだ!徹さんはおっぱい好きだからおっぱい舐めさせてあげないとですよね。」
 と次から次へと俺の顔におっぱい舐めてと言わんばかりに近づける。近づくおっぱいを次から次へと舐める俺!ますます性欲が高まってくる!性欲が高まってきた俺はまだパンティーを穿いていた彼女達のパンティーを脱がしたいという衝動に駆られた。そんな俺をよそに性的刺激を与えてくる彼女達!俺はとうとう我慢できず1人また1人とパンティーを脱がしにかかった!
「あぁ~。エッチ!」
「徹さんにパンティー脱がされた」
「見事にエッチな徹さんにすっぽんぽんにされちゃった!」
 はしゃぐ彼女達!
「何言ってるんだよ!それ言ったら俺だってみんなにすっぽんぽんにされただろ!これでおあいこだよ!それにご奉仕するって言ったんだからパンティー脱がしもご奉仕の一環だよね!」
 そんな彼女達にそう言い放ってみた。その言葉にテヘッとする彼女達!そして
「そしたらだいぶあせもかいたしシャワー行きましょう!そこでまたご奉仕の続きしますね!」
 と言われ俺は彼女達に浴室へと連れていかれた。そしてそこでまた俺は性欲を刺激されることになる。

 ~第3話に続く~

 思わぬエロエロ展開に嬉しい半分戸惑い半分な感じの状態ですがちゃっかりエロエロ楽しんでる感もあったのではないでしょうか!これだけで終わらないのがエッチな世界!今度は浴室に移動してエロエロタイム!うらやましい展開が待っていますので支離滅裂感は否めませんがお付き合い宜しくお願いします!
ここでナンパTVより今回登場する女子大生達のようにおっぱい大きな女子大生達をピックアップ!
※気になったら画像をクリックすればMGSさんの詳細ページにジャンプします!
マジ軟派、初撮。 734 in 目白 チームH

マジ軟派、初撮。497 チームT

マジ軟派、初撮。36 in 池袋 チームN

マジ軟派、初撮。 849
 気休めでもオナニーのおかずの参考にしてもらえると幸いです。
 それでは楽しいエロライフを!

バナーリンク集!

参加しているのでクリックお願いします!

アダルトブログランキングへ
エログ-(エログランキング)

きっかけは透けブラ ~女子大生女子寮編第1話~

 夏になったら是非とも巡り会いたい透けブラというさりげないエロ!そして透けブラから始まるエロエロ展開が女子大生女子寮を舞台に繰り広げられます。新たなきっかけは透けブラシリーズを是非ともお楽しみください!

 暑い夏がやってきた。俺の名は徹!今年の夏は縁があり女子大生の女子寮に通う日々を送っている。本来ここの女子寮は男子禁制なのだがここの女子寮の管理人が叔母という事と俺が家電製品の修理などを承る仕事をしているという事が重なりある日叔母に家電製品に関してはみんな疎いからメンテナンスをして欲しいと頼まれ女子寮の家電製品のメンテナンスを承った。そしてここに入る事のできる男は俺だけのためメンテナンスは大きいものから小さいものまでやるのは俺1人でなおかつメンテナンスの際は寮に入ってる女子大生達の前でやらなくてはならなかった。本来男子禁制の所を叔母の身内という事いうことで特別に入れてもらっているのだから無理はない。きっと彼女達は俺を警戒しているのだ。でも男の俺にとっては悪い事ではない。ここにいる彼女達はかわいい娘やきれいな娘、清楚な娘からギャル系までよりどりみどり!さらにクーラーついていても暑いと思うほどの猛暑ということもあり彼女達は薄着だったためブラが透けていてその透けブラもよりどりみどり!そう考えると俺1人に仕事を依頼するなんて叔母様様だ!俺は仕事しながら彼女達の透けブラをバレないようチラチラ見ていた。そして家に帰ると夏の暑さのためか1人の空間が開放感を与えたのもあり俺はその日見た透けブラをおかずに妄想とおちんぽを膨らませながら
「ブラはこうだったけどパンティーはどんなパンティー穿いてるんだろう!ブラとお揃いかなぁ~。やっぱお揃いがいいよなぁ~。それにしてもみんなおっぱいほどよくボリュームあったよなぁ~。これはしばらくお世話にならないともったいないなぁ~。」
 と興奮しながらオナニーをした。

 そして翌朝、女子寮に向かうとすでに叔母が寮の前にいた。
「待ってたよ徹!実は大変な事になってるのよ。」
 徹の姿を見て慌てながらそう言う叔母!
「落ち着いて叔母さん!一体何があったの?」
 叔母に聞く俺!
「今朝突然クーラーが付かなくなっちゃったのよ!ただでさえ暑いのにクーラー使えないとなったら一大事よ!」
 軽くパニックになりながらそういう叔母!
「分かった!大至急クーラー見て直せるようならすぐ直すから壊れたクーラーの場所教えて」
 そう言うと叔母から驚愕な言葉が発せられる。
「実は寮のクーラー全部つかないのよ」
 と、その言葉に思わず驚き
「いぃ~。」
 と放ってしまった。そこで俺は
「そしたらもしもの時の事も考えてまずは寮生の部屋のから見てみるよ!」
 というと
「お願いするわ!それから私用事で出かけるからよろしくね。」
 と叔母は出かけることを俺に告げる。
 そして俺は女子寮の各部屋のクーラーの修理に取り掛かる。幸い寮生のクーラーは電源コードを抜いて再び入れたら直った。でも念のためいろいろ調べておいた。フィルターに埃が溜っていたくらいで異常はなかった。その間俺はその場にいた女子大生達の透けブラをチラチラみながら作業をしていた。寮生の部屋のクーラーはひと通り終わったので今度は大部屋のクーラーの修理に取り掛かる。そこも幸い寮生の部屋と同じ症状だった。そして先ほど同様念のためいろいろ調べているときだった。思いもよらない出来事が俺を待ち受けていた。

 ~第2話に続く~

 男子禁制の女の園!その女の園に入り込みたいと考えたりあの手この手で入り込む口実を作って入り込もうとしたことのある男の子もいるのではないでしょうか!徹の場合はコネがあったからですが…。そのコネのおかげで女子大生の透けブラをじっくり堪能できるという状況になったわけですが…。これもまたうらやましいですよね。そしてこのタイトル通り透けブラがきっかけで次回徹と女子大生達のエロエロ展開が繰り広げられますのでお楽しみください!
ここでシロウトTVより今回登場する女子大生達のようにおっぱい大きな女子大生達をピックアップ!
※気になったら画像をクリックすればMGSさんの詳細ページにジャンプします!
素人個人撮影、投稿。112

素人AV体験撮影319

素人個人撮影、投稿。146

【初撮り】ネットでAV応募→AV体験撮影 88
 気休めでもオナニーのおかずの参考にしてもらえると幸いです。
 それでは楽しいエロライフを!

バナーリンク集!

参加しているのでクリックお願いします!

アダルトブログランキングへ
エログ-(エログランキング)

魔性の女博美が魔性の女になった日

 エロー・フォーの小説で登場する魔性の女博美ですが実は彼女2月27日が誕生日という設定があったのです。そこで本日魔性の女博美生誕祭として魔性の女博美がどのようにして都市伝説として語られるようになったのかそのルーツをたどります!そのためかなり長くなりますが最後までお付き合い宜しくお願いします。

 ゲイをも虜にしてしまうという魔性の女博美!それは1つの都市伝説にもなっている。その魔性の女博美がどのように誕生したのか!そのきっかけは高校時代にあった。

 高校生になり入学式も先日無事終わり高校生活をエンジョイしようと期待に胸を膨らませる博美!
「パンツ見えそうでちょっと恥ずかしいけどせっかく女子高生になったんだしそれらしいことしなくっちゃだよね。」
と制服のスカートを思い切ってひざ上30センチにし学校へ!そして何事もなく楽しい高校生活を迎えることができあっという間に2ヶ月が過ぎた。
 例年に比べ猛暑が続く夏、博美は短いスカートに白いブラウスで学校に通っていた。この頃から博美は普段の登下校中や学校生活で男子からの視線を感じるようになっていた!それもそのはず白いブラウスからブラが透けていたし短いスカートならパンティーが見えないかという期待!さらに体育の授業では体操服からもブラは透けるし走る際揺れるおっぱい!そして水泳の授業では水着姿を楽しみにしている男子も少なからずいた。それは博美に限ったことではなかったが博美への注目は群を抜いていた。特に水泳の授業では博美の水着姿目当てに授業をサボって覗きに来る男子までいたという!
 ある日、廊下を歩いていると校内でもイケメントップクラスと言われている男子達の会話を聞いてしまう事になる。
「あのエロい体してる1年の娘誰だっけ」
「もしかして博美って娘かなぁ~。」
 教室から自分の名前が耳に入り思わずその場に止まる博美!そんな博美をよそに彼らの会話は続けられる。
「そういや今日、彼女が階段上っていくの見えたからうまい事スカート覗いてパンツ見ちゃった!」
「お前そんな事したのかよ!」
「スカートも短かったしこれは見ない手はないでしょ!」
「どうせ他のかわいい娘でもそんな事したんだろ!」
「まぁね。」
 イケメン達のその会話に軽いショックを受けた博美!イケメン達がそんないやらしいことしてるとは考えもしていなかった。軽いショックとはいえ身動きが取れなくなった博美!それでも会話はまだ続く!
「色は?」
「黄色だった!」
「ブラとお揃いか!」
「そういや今日は黄色のブラだったよなあの娘!他の娘もそうだけどブラウスから透けて見えるからついつい目が行っちゃうよな!ほんと猛暑とブラウス様様だな!」
「だけどあの娘って他の娘以上に興奮しちゃうよな!」
「確かに!」
「特にあの水着姿は興奮ものだぜ!」
「それ見てあれか!お前!ちんこ勃たせてんだろ!」
「それはお前も同じだろ!」
「あはは!お前ら変態だな!」
「お前だって勃たせてんだろちんこ!」
「何言ってやがるお前らなんか彼女の水着や透けたブラやらスカートから覗いたパンティーおかずに毎晩オナニーしてんだろ!」
「どの口が言ってんだ!えぇ!自分の事棚に上げやがって!自分だってオナニーしてんだろあの娘をおかずに!」
「大半の男はしてると思うぜ!あの娘でオナニー!」
「だろうな!できたらあの娘とエッチィことしてぇなぁ~。」
 次々と出るイケメン達のいやらしい会話に更なるショックを受けた博美はその場で涙を流した。そしてその涙がショックで身動き取れずにいた博美を動かし博美は一目散にその場を離れた。

 その日の夜シャワーを浴びながらイケメン達の会話を思い出していた。博美は悪夢を見ているのではと現実逃避をしていたがどうしてもその会話が頭から離れずにいた。そんな中保健の授業でやった性に関しての内容が博美の頭をよぎった。
(性的刺激がペニスを勃起させる。そして性感が最高潮に達すると精子を含んだ精液がペニスから射精される。それは睡眠中に起こる夢精やマスターベーションによって行われる!)
 シャワーから部屋に戻るまでイケメン達との会話と保健の授業でやった性に関しての内容が交互に頭をよぎる。
 部屋に戻った博美は鏡に映ったバスタオル1枚の姿の自分を見た。その時だった。
「性的刺激でペニスは勃起する。それって私で性的興奮してるって事になるよね。そしてマスターベーションして射精する!てことは私の水着や下着見たことでちんちんが大きくなってそれで性的興奮してオナニーしてるってこと!」
 博美はイケメン達が自分に性的興奮しているという事に興奮し始めていた。その際博美の股間が疼きはじめバスタオルが落ち博美の裸が鏡に映る。そして裸の自分を見てイケメン達が自分をおかずにオナニーしているという事にさらに興奮し無意識に片方の手は自分の股間に指を入れながらもう片方の手はおっぱいを揉んでいた。
「あっ!あのトップクラスのイケメン達がぁ~。私をっ~。いやらしい目で見てるっ~。あっ~。さっきまで嫌な気持ちだったのにっ~。今はイケメン達が私をおかずにオナニーしてるって考えると興奮する!あぁ~。」
 といやらしい声を上げながらそういう博美!これが博美人生初のオナニーになった。
 それを機にひんぱんにオナニーするようになりエロさも増す。さらに博美は下着もかわいい系やシンプル系だけでなくセクシー系の下着もつけるようになった!この時そのセクシー系の下着が博美の転機になるとは博美自身想像もしていなかった。

 オナニーを機にエロさが増した博美!それに比例し男子のいやらしい目線も増していく!
「やっぱあの娘見るとついおっぱいに目が行っちゃうよなぁ~」
「わかる。俺なんかパンティー見るチャンス伺ってるぜ!」
「俺も、俺も!」
「それはあの娘に限ったことじゃないけど他の娘に対してはどっかでブレーキかかるけどあの娘の場合それが効かなくなるんだよな!」
 など男子達の間では博美に対してのいやらしい会話が日常化し中には博美にエッチな事をしたいされたいという気持ちが膨れ上がっている男子もいてTバックを穿いた日は男子達のいやらしい目線が特に多かった。そして博美にとって運命の日がやってくる!
 いつも通り学校へ行き下駄箱で靴を履き替えているとそこへ1人の男子が
「おはよう!」
 と博美に声をかける!その男子を見て博美は
「あっ!おはようございます!」
 と驚きを露わにしながら挨拶を返した!博美が驚きを露わにしたのはこの男子は学校で1番人気と言われるイケメンの先輩だったからだ!
「おいおい!そんなに驚かなくても…。急だったから無理ないかな…。博美ちゃんだよね!実は君の事が気になって声かけてみたんだ!」
 学校で1番人気と言われるイケメンの先輩の一言に博美はドキドキした!
「そんな!先輩が私なんかに声かけてくださるなんて…。すごい嬉しいです!」
 博美の一言に
「そんな大げさな!でもそう言ってもらえて嬉しいよ!そうだ!もし迷惑じゃなかったら放課後いろいろお話しようよ!是非博美ちゃんと仲良くなりたいし!」
 1番人気と言われるイケメンの先輩から誘いがかかる!
「えっ!迷惑だなんてむしろ私にはもったいない言葉です!」
 思わず声が裏返る博美!そして
「それじゃあ放課後プールの近くで待ってるから来てね!」
 と言い残し学校で1番人気のイケメンの先輩は去っていった。その誘いに喜びを感じずにはいられない博美だったがこの時自分自身の身に何かが起ころうとしていることなど微塵にも感じていなかった。

 放課後言われた通りプールの近くに行った博美!そこにはすでに学校で1番人気のイケメンの先輩の姿があった。
「待ってたよ!博美ちゃん!来てくれて嬉しいよ!」
 そう言われ嬉しくなる博美!
「そしたらこっちで話しよう!」
 学校で1番人気のイケメンの先輩は博美を男子更衣室に案内する。
「えっ!ここって…。」
 博美が言うと!
「心配しなくて大丈夫だよ!ここはプールの授業以外使わないみたいだし誰も来ないから!」
 そう言われ男子更衣室に入る博美!博美が男子更衣室に入ると学校で1番人気のイケメンの先輩はドアの鍵を掛ける。その行動に博美はハッしたが
「ごめん!驚かしちゃったかな?念のためにね。せっかくこうやって会ってるのにジャマされたくないしね!」
 その言葉にホッとする博美!そこへ
「それと俺以外にもさ!博美ちゃんと仲良くなりたいって言ってる奴らもいてさ実はここにいるんだ!おい!出て来いよ!」
 と学校で1番人気のイケメンの先輩が言うとこの間博美の事を教室で話していたイケメントップクラス達が姿を現した!
「こんにちは!」
 彼らは笑顔でそう言うと博美も
「こ、こんにちは!」
 と声を裏返して挨拶をする!校内でもトップクラスのイケメン達に囲まれる状態と自分をネタにいやらしい会話をしていた彼らが目の前にいることにドキドキが止まらなくなっている博美!
「博美ちゃん今日も素敵だね!」
 とまずは1人のイケメンが博美を褒める。今度は別のイケメンが
「博美ちゃん魅力あるから男の子ほっとかないでしょ!やっぱり彼氏いるの?」
 と博美に聞く!博美は
「いないです!」
 と答える。すると彼らは嬉しそうな表情をした。そして
「それならさ!俺らと是非仲良くなろうよ!」
「俺達博美ちゃんと仲良くなりたいって思ってたんだ!」
 イケメン達にそう言われ博美はその気になった。いやらしい会話をしていたことなど忘れ…。だがそれをすぐに思い出すことになる。
「よし!決まり!俺達さ是非博美ちゃんと楽しい事したいって思ってたんだ!それにもう我慢できないんだよね。せっかく仲良くなったってことだしここには俺達以外いないってことでさ!できたら博美ちゃんのパンティーじっくり見せてくれないかな!」
 思いもよらぬ言動が博美をハッとさせる。そんな博美をよそに
「おいおい!それはいくら何でも唐突過ぎるだろ!」
「何言ってんだよ!楽しむのが目的で集まったんだろ!」
「そうだけどさ!」
「おいお前ら!」
 とイケメン達のやり取りが行われる!そのやり取りを聞き博美は身の危険を感じ始めていた。そんな中!
「そんなみんなでがっつくから博美ちゃんが怖がっちゃってるじゃないかよ!ごめんね博美ちゃん!怖がらせちゃって!いきなりパンティー見せてって言われたら怖くなっちゃうよね。だけど博美ちゃんと楽しみたいって気持ちは本気だよ!」
 という言葉が出るが…。思いもよらぬ光景が博美の目の前で起こる!
「まずは誠意を見せないとだね。」
 と言ったイケメンがズボンを脱いで博美にパンツを見せる!
「見せてって言っておいてこっちが見せないのは不公平だよね。」
 その言葉に
「言われてみればそうだよな!」
「俺達も誠意見せないとな!」
 と賛同し全員がズボンを脱いで博美にパンツを見せた。その行動に驚く博美!イケメン達は全員肌触りのよさそなツルツルした生地のボクサーパンツを穿いている。思わずイケメン達のパンツに目が行ってしまう博美!やはり気になったのはパンツの膨らみ!それを見て
「もしかしてみんな私のパンティーを期待してちんちん膨らませてるの?どうしようそう考えてたらなんか興奮してきちゃった!」
 とイケメン達が自分自身でペニスを膨らませていることに興奮し始めていた。身の危険を感じていたのがウソだったかのように…。そして興奮した博美は自らスカートをまくり上げイケメン達にパンティーを見せた!博美のパンティーを見て
「自分から急にスカートめくってくれるなんてズボン脱いだ甲斐あったぜ!」
「今日の博美ちゃんのパンティーはちょこっと黒のレースの飾りがある光沢のあるピンクのサテン生地のパンティーかぁ~。セクシー!」
「これも俺達の誠意だ!」
 とイケメン達は大興奮!そして
「博美ちゃん!ここまで来たらスカート脱いじゃおうか!」
 と言われ自分のパンティーを見てイケメン達が喜んでくれるならと興奮しつつも恥じらいを見せつつスカートを脱いだ!
「恥じらいながら脱ぐのがまたいいね。」
「博美ちゃん後ろ向いてくれる?」
 後ろを向く博美!そしてイケメン達は博美のお尻に目をやりさらに興奮を高めた。今日の博美のパンティーはTバックだったからだ!
「博美ちゃん!今日はまさかのTバック!」
「これはますます興奮しちゃうなぁ~!」
「興奮して暑くなってきたぜ!」
「もう我慢できねぇから俺、上脱ぐわ!」
 と博美のTバックを見てさらに興奮を高めたイケメン達はそう言って1人、また1人と上を脱ぎパンツ1枚になった。それと同時に前を向く博美!全員がパンツ1枚になっていたのに一瞬驚きはしたがパンツ1枚のイケメン達にセクシーさを感じパンツ1枚のイケメン達をじっくりと堪能した!そこへ
「博美ちゃんもブラウス脱いじゃいなよ!ここまで来たら博美ちゃんの下着姿も見たいし!」
「そうだな!ブラウスから透けてるのもいいけどこの機会に博美ちゃんのブラも生でじっくりみたいな!」
「博美ちゃんの下着姿は透けブラやパンチラを元に想像してたけどできれば実際の博美ちゃんの下着姿みたいわ!」
 博美はイケメン達が自分の下着姿を想像しているという言葉に興奮しスカート同様興奮しつつも恥じらいながら1つずつボタンを外しながらブラを露わにしボタンをすべて外したところでブラウスを脱ぎ下着姿をイケメン達に晒した!
「想像した以上にたまらないなぁ~。」
「理性が抑えられなくなりそうだ!」
「博美ちゃん結構おっぱいボリュームあるよね。それがまた興奮させられちゃうよ!」
「博美ちゃんのおっぱい触りてぇ~。」
 博美の下着姿に興奮を隠せないイケメン達!そんな中1人のイケメンがとうとう我慢できず博美のおっぱいに触りにかかった。いきなりおっぱいを触られ一瞬ピクッとしたがイケメンに触られてる事に喜びを感じていた。そして博美は思い切っておっぱいを触っているイケメンのペニスに手を触れた。ペニスに触れた際
「エッチな事考えたりするとちんちんって大きくなるだけじゃなくてこんなにも硬くなるんだ!」
と、硬かったことに驚いていた。さらに
「私でこんなになってくれるなんて興奮しちゃう!せっかくだからみんなのちんちん触りたい!」
 と、博美で膨らんだイケメン達のペニスに触れたいという欲が突然膨れ上がる!そこへ
「お前抜け駆けずるいぞ!俺だって博美ちゃんのおっぱい触りたいのに!それだけじゃないちんちんまで触ってもらうなんて!」
「それにしても博美ちゃんからちんちん触れにかかったのは驚いたよ!」
「博美ちゃん俺のも触ってよ!」
「俺も!俺も!」
イケメン達はそう言いながら博美にペニスを軽く突き出す!そんなイケメン達の姿に興奮し1人ずつペニスに触れていきペニスを触られているイケメンは博美のおっぱいに触れた。ひと通りイケメン達のペニスを触れ終わるとさらに性欲が高まったイケメン達はすかさず博美のブラを外しにかかる。そして博美のおっぱいがイケメン達の前に露わになった。突然の事に驚き博美は
「キャッ!」
 と声をあげながらおっぱいを隠すようにして丸くなって座り込む!
「おいおい!ここまでしておいて恥ずかしがることないだろ!」
「でも、そうやって恥ずかしがるのもまた興奮するけどね。」
「博美ちゃんまずは手ブラの状態で立ってみてよ!」
 そう言われ腕をクロスさせるような形で手ブラ状態のままゆっくりと立ち上がる博美!そんな博美の姿に!
「これまたたまらないなぁ~。」
「博美ちゃんめっちゃセクシー!」
「その格好でパンティーがTバックってのがまた興奮させられちゃうよな!」
 とさらに興奮を高めるイケメン達!パンティー1枚でなおかつそのパンティーがTバックというのがその興奮をさらに加速させた!そしてそんな自分に興奮するイケメン達を見て博美も興奮しゆっくりと手をどかしイケメン達におっぱいを晒した。
「うぉ~。ついに博美ちゃんのおっぱいをこの目で!」
「きれいなピンク色の乳首がおいしそうだ!」
「博美ちゃんもっとじっくりおっぱい見せて!」
 博美のおっぱいをじっくり見たいがために博美群がるイケメン達!そのイケメン達に博美は興奮と恥じらいを兼ね備えながら
「そしたら全員のちんちん見せてください!」
 と言うと
「そうなると俺達すっぽんぽんになっちゃうからここは公平に博美ちゃんもパンティー脱いですっぽんぽんになろう!」
 1人のイケメンがみんな全裸になろうと提案した。
「そういうことなら私もパンティー脱ぎます!」
 恥じらいながらそう言い博美はゆっくりとパンティーを脱いだ!
「博美ちゃんの下のお毛毛もじっくり見ないとね!」
 博美の裸を舐めまわすように見るイケメン達!そんなイケメン達に
「ジロジロ見ないで早くパンツ脱いでください!」
 博美がそう言うと
「博美ちゃんがすでにすっぽんぽんなのに俺らがそうじゃないのは不公平だよね。それじゃあ一斉に脱ぐよ!せぇの!」
 と言いイケメン達は一斉にパンツを脱ぎ博美にペニスを晒した。イケメン達のペニスを見て
「すごい!ピンピンしてて大きい!ちんちんってこんなに大きくなるんだ!」
 と興奮しながら博美は言いもっと間近でペニスを見たいと目線をペニスに合わせるようその場に座りイケメン達のペニスを1本ずつ凝視する。そしてイケメン達のペニスが自分で大きくなっていると考えたら興奮が止まらず興奮のあまりイケメン達のペニスをしゃぶりたいという欲求が膨らみ欲望の赴くまま1人ずつイケメン達のペニスをしゃぶりだした。それに負けじとイケメン達も博美のおっぱいを触りにかかりおっぱいを触りながら乳首を指で転がす!ペニスをしゃぶりながら感じる博美!その間今まで感じたことないくらい股間が疼いていた。その感覚は初めてのことだったが興奮で性欲が高まっているという事もあってか股間でイケメン達のペニスを感じたいという気持ちに駆られていた。そしてその欲望が博美を立ちあがらせ自ら股間にペニスをこすりにかかる。
「あぁ~。これ気持ちいい!もっとちんちんこすりつけたい!」
 博美のこの一言に
「そんなこと言うから俺達も博美ちゃんにちんちんこすりつけたくなってきちゃった!」
「博美ちゃん!おっぱい触りながらちんちんこすりつけさせて!」
 イケメン達も興奮し博美のお尻などにペニスをこすりつける!
「いろんなところにちんちん!こすられて気持ちいい!」
 イケメン達のペニスにこすりつけられ感じまくる博美!興奮がさらに高まるにつれこすりつけも激しくなりその激しさで股間をこすりつけていたイケメンのペニスが博美の股間の中に!その時
「痛ッ」
という博美のその声でイケメンは一瞬ハッとしたが
「このまま続けてください!今はすごく気持ちいいので!もっとちんちん感じさせてください!」
 と博美に言われたので腰を激しく降りながら博美の股間の中でペニスをこすりつけた。そしてそれを交代で行い!全員が博美の股間の中にペニスを入れ終わると
「博美ちゃん!イクところ見て!」
「そしたら見やすいようにしゃがんでくれる!」
「それとおっぱいとお毛毛見えるようにしてしゃんでね。」
 イケメン達にそう言われ言われた通りしゃがむ博美!博美がしゃがむと博美の目の前に集まりイケメン達が突然ペニスをしごき始めた。
「もしかして、私の裸を見てオナニーしてるの!」
 博美は心の中でそう言い博美の裸を見てオナニーしているイケメンのペニスを凝視する。
「博美ちゃん!エッチな体してるから性欲が止まらないよ!ボリューミーできれいなおっぱいとプリンップリンッのお尻もたまらないよ!博美ちゃん!」
「博美ちゃんの裸を間近で見てるから気持ちいいよ!」
「あまりの気持ちよさにいっぱい出そうだよ博美ちゃん!」
 息を荒げ博美の裸を見ながら興奮してオナニーするイケメン達!そのイケメン達のペニスを興奮しながら見ているとペニスから大量の液が発射され博美の顔や体にかかる!
「あぁ~。気持ちよすぎていっぱい出ちゃった!」
「これも博美ちゃんのおかげだね。」
「イクとどうなるか見てもらうつもりだけだったのに思わず興奮していっぱいかけちゃったね。ごめんね!」
 と満足そうなイケメン達!その液を見て
「エッチな事して気持ちよくなるとちんちんから出てくるこれが精液なんだ!この精液の中に精子が含まれててこれが私の股間の中で出されると赤ちゃんができるのね。だから出すときはみんな私の前でオナニーして出したんだ!もしコンドームがあればもっと中で気持ちよくなれたかもしれないよね。そんなこと考えてるともっとちんちん欲しくなっちゃう!」
 と興奮が止まらない博美!そこへ
「博美ちゃんシャワー室あるからそこで浴びよう!」
「実は俺達博美ちゃんと会う前にシャワーしておいたんだ!」
「それでね。ジャ~ン!俺達ボディソープも完備してま~す!」
「いっぱいかかっちゃったからね。ちゃんときれいにしよ!」
「そしたら泡つけ合って密着プレイと行きましょう!」
「おっ!いいね。」
「まだまだ博美ちゃんとエッチな事したいし!」
「それはいったん置いといて!博美ちゃんひとまずシャワー行こう!」
 とイケメン達からシャワーするよう言われシャワー室へ!そしてシャワー室にて体に泡をつけての密着プレイが行われたのだった。
 これが博美の初めてのエッチ体験になり初めての体験以来ペニスを求めるようになっていた博美!この初めてのエッチ体験が博美を魔性の女へと目覚めさせる引き金になるのだった。

 2月27日!この日は博美の誕生日!博美は自分の誕生日をたくさんのイケメン達に祝ってもらいたいと年明けから街でイケメンを見つけては誕生日の招待状をこっそり仕込むという行動を起こしていた。博美にはある目論見があった。誕生日には1人でも多くのイケメンのペニスに囲まれて祝ってもらうという目論見が…。初めてのエッチ体験がイケメン達とのエッチ体験だったのが影響し博美は特にイケメンのペニスが好物になっていた。そして目論見通りたくさんのイケメン達が集まった。そのイケメン達をヒョウ柄の下着姿で歓迎した。そんな博美を見たイケメン達は興奮が抑えられずすかさずパンツ1枚になりパンツの上から膨らむペニスを博美に見せつけるとすぐさまパンツを脱ぎ博美にペニスを晒した。たくさんのイケメンのペニスに博美は大興奮!博美もすぐさまブラを脱ぎイケメン達におっぱいを晒しイケメン達の性欲をさらに高め1度後ろを向きTバックを見せつけ腰をいやらしく降りながらTバックパンティーを脱ぎ再び前を向きイケメン達に裸を晒しイケメン達のペニスに囲まれ性欲全開で誕生日を祝ってもらったのだった。
 それ以来博美の誕生日2月27日が近づくと博美の目にかなったイケメンには招待状が届き博美の誕生日に招待されるのであった。
 そう2月27日は魔性の女博美の誕生日でもあり博美が魔性の女になった日でもある。
 そしてこの出来事が出会うと色香にかかり理性が保てなくなるという魔性の女博美の都市伝説(後にゲイをも虜にするという内容が加えられる)として語られていった。

 魔性の女博美が魔性の女になった日 ~完~

 かなり長くなってしまいましたが…。それにはそれなりの理由がありこの作品は魔性の女博美生誕祭の一環として書いた作品なので次回へ続くということをせずそのルーツを1つの記事でまとめたかったからです。どちらにしても支離滅裂感は否めませんが…。魔性の女博美!今度はどこに現れどんな男を色香にかけるのか今後も注目してください!次回作はいつになるか分かりませんがその時はまたお付き合い宜しくお願いいたします。

 気休めでもオナニーのおかずの参考にしてもらえると幸いです。
 それでは楽しいエロライフを!

バナーリンク集!

参加しているのでクリックお願いします!

アダルトブログランキングへ
エログ-(エログランキング)

ピンク○○ ~ピンクプリン プッチンプリン編2~

 ここ数年性犯罪が著しく減ってきた世の中!そんな世の中にこんな都市伝説が生まれた。性欲がコントロールできなくなりそうになったときブレーキになり性欲を満たしてくれるピンク○○!その○○は願い主の性欲に合わせ姿を変えるという!そしてその都市伝説がピンクプリンになり姿を現す。コントロールできなくなりそうな性欲を満たすために!

「プリンはプリンでもかわいい美少女やギャル、きれいなお姉さんに妖艶な美熟女!そしてそれにあたる人妻達のプリンップリンッのおっぱいやお尻触りたい!」
 と1人の男がそう言いながらプッチンプリンを机に置くとプッチンプリンがピンク色に姿を変えていた。

「どうなってるんだ…。プリンがピンクに…。」
 驚きながらもプリンを開ける!

「カラメルソースの部分はそのままみたいだけどすごい濃いピンクだなぁ~。」
 そうエッチな男に合わせピンク○○がピンクプリンとして姿を現したのだ!さらにカラメルソースを濃いピンクに合わせ濃厚なショコラの味にして…。
「なんだこのソース濃厚なチョコの味をしているぞ!そしてプリンはいちご味!プリンだけどチョコを食べてるようだ!」
 男は不思議な甘さに大満足!食べ終わると男は急に眠気に襲われそのまま眠ってしまった。

「あれ、確か俺…。」
 おかしいなぁ~と思いつつ男は起きた。
「でもなんか気持ちが満たされてるんだよな!」
 男は不思議な気持ちになっていた。
 ピンクプリンによってひとまず性欲をブレーキできた男!しかしそこであった出来事はブレーキがかかれば忘れてしまう!だが再び性欲がコントロールできなくなりそうになればその姿を現すだろう。それがどんな形で姿を現すかはその時の性欲しだい!次にコントロールできなくなりお世話になるのはあなたかもしれない!

 ピンク○○ ~ピンクプリン プッチンプリン編~ ~完~

 

 ピンク色のプリンという事でピンク○○シリーズに載せて書いてみました。ピンクらしい甘さ見かけたら是非! 
 それでは楽しいエロライフを!

バナーリンク集!

参加しているのでクリックお願いします!

アダルトブログランキングへ
エログ-(エログランキング)

恥辱!下着ファッションショー ~万引きイケメン男子学生編プログラム4~

 前回読んでない方はプログラム3を読んでから読んでもらえたら幸いです。女性達による万引きイケメン男子学生への恥辱の復讐劇はついに最終幕を迎えるプログラム4ですがいくらか女性向け路線からずれてしまう感も…。とはいえ影依さんを始め女性の皆様には是非注目してもらえたらと思います。支離滅裂感は否めませんがお付き合いよろしくお願いします。

 大きな拍手で盛り上がるギャラリー!そんな中店長から次のプログラムが発表される。
「盛り上がってますね。盛り上がってるところで次のプログラムの発表をいたします。次のプログラムは万引きイケメン男子学生達の公開オナニー!これから彼らには前に出てもらいここでオナニーをしていただきます。その模様を私達が見届けるという内容で~す。」
 発表されると
「ここでオナニーするの!」
「何をおかずにやるんだろう!」
「私達がおかずにされちゃうの!」
「イヤ~ン!エッチ!」
「それともいつも愛用してるエッチな本とかビデオとか!」
 などまたまた大盛り上がりのギャラリー!そんな状況に勘弁してと言わんばかりの顔をする万引きイケメン男子学生達!それを見た店長は
「万引きの方が恥ずかしいよね。それに比べたらここでオナニーするくらいどうってことないでしょ!もし拒んだら分かってるわよね。」
 と万引きイケメン男子学生達に言う事を聞かせようとする。そして
「それでは3人とも前に出てきてください!」
 店長の指示に従い前に出る3人
「彼らはいつも何をおかずにオナニーをしているのでしょう!エッチな本やビデオを見てでしょうか!それとも街で出会ったかわいい美少女やギャル、きれいなお姉さんに妖艶な美熟女そしてそれにあたる人妻達でヤッているのでしょうか!」
 店長のこの言葉に動揺する万引きイケメン男子学生達!それを見て
「皆さんこの動揺っぷりみてください。どうやら図星みたいですよ!」
 と辱めようとする店長!そして彼らの事はお構いなしに進行をする。
「果たして今日は何をおかずにオナニーするのでしょう!ここにいる皆さんでしょうか?それともいつも見てるエッチな本やビデオでしょうか?はたまたいままでに手を出した女の子でするのでしょうか?楽しみですね。でももしかしたら皆さんに見られることで興奮してのオナニーかもしれませんよ!それでは万引きイケメン男子学生の皆さんここにいる皆さんにオナニーする姿を晒してください!晒さなければ分かってますよね。」
 そう言われ万引きイケメン男子学生達は恐る恐るペニスをしごき始めた。
「皆さんじっくり見てあげてください!万引きイケメン男子学生達のオナニーする姿を!」
 店長がそう盛り上げようとすると
「イヤ~ン!イヤらしい!」
「何を思い浮かべてやってるの!」
「そういえばさっきから私達の事見てるわ!」
「もしかして私達おかずにされてるの!」
 オナニーする姿を見て茶々を入れるギャラリーそのうちの1人が
「イヤ~ン!私達脱がされちゃってるの!」
 と言うとあたりが真っ暗に…。
「えっ、何、停電!今いいとこなのに…。」
 急な停電にギャラリーは大騒ぎ!
「皆さん落ち着いてください!すぐに復旧しますので!」
 と、ギャラリーを落ち着かせようとする店長!その間に再び電気が付き明るくなるがその瞬間!
「キャー!」
 と悲鳴を上げながら座り込むギャラリー!その悲鳴を聞きあたりを見回す店長!なんとギャラリーの女性達は全員下着姿になっていた。そして自分も下着姿になっていることを確認すると
「キャッ!」
 と少々声をあげギャラリー同様座り込む!下着姿になってる女性達を見て万引きイケメン男子学生達はこれはいいものを見させてもらったと嬉しそうな顔をしていた。その顔を店長は見逃さなかった。そして
「皆さん、私達を下着姿にしたのはどうやら彼らのようです。暗くなった時にこれはチャンスとどさくさに紛れて私達の服を脱がして明りがついたら下着姿を見ながらオナニーしようと目論んだようです。こんな短時間で全員を下着姿にしてしまうなんてそうとう悪さをしている証拠!そしてこれはわいせつ罪ですよね。」
 と店長が万引きイケメン男子学生達を犯人に仕立て上げた。実際は暗くなってる間に服を脱いでいたのだが…。
「ちょっと待ってくださいよ。」
「いくらなんでもひどいですよ!」
「俺達そんなことしてないですよ!」
 と万引きイケメン男子学生達は訴えるが…。
「やっぱり警察連れて行った方がいいかしらね。」
 ギャラリーの中にいた婦人警官の1人が言うと言葉が出なくなる万引きイケメン男子学生達!そして
「やっぱり下心あったのね。」
「手あたりしだい女の子捕まえて性処理したり万引きしたりするだけあってほんと手が早いわね。」
「下着バッチリ決めてきてよかったわ!」
「気のせいかさっきよりもおちんちんおっきくなってるし!」
 とギャラリーからの声!そんな中下着姿の女性ばかりが目に入り興奮が隠せなくなった万引きイケメン男子学生達!さらにペニスの膨らみを抑えられずとうとう恥じらいよりも性欲が勝り下着姿の女性を1人1人堪能しながら再びオナニーをしだした。それを見たギャラリーは
「イヤ~ン!私達の下着姿見てオナニーしてる!」
 と茶々を入れる。さらに
「皆さん、万引きイケメン男子学生達は下着姿にした私達をおかずにオナニーをしています!やはり私達で性処理しようとしていたみたいです!皆さん下着決めてきてよかったですね。だらしないちんちんが大喜びですよ!皆さんせっかくおかずにされてるのでオナニーする姿をじっくり見てあげてくださいね。」
 と店長がマイクパフォーマンス!そして万引きイケメン男子学生達のオナニーする姿をじっくり堪能するギャラリー!そんな中再びあたりは真っ暗に…。
「えっ!また!せっかくいいとこなのに!」
 と声が上がる!そしてすぐに電気はついたのだが…。電気が付くと万引きイケメン男子学生達の目が喜びと驚きの目をし1人1人じっくり見てやろうと舐めまわすようにギャラリーを見る。彼らの目を見たギャラリーはあたりを見渡しまさかと思い自分も見ると
「キャー!」
 と胸を隠しながらさきほどと同様その場に座り込む!その状況に店長は
「どうやら私達はブラジャーを脱がされてしまったようです。下着姿ときたらおっぱいも見てやろうと企んだようです!」
 実際は暗くなってる間にブラを脱いでいたのだが先ほど同様万引きイケメン男子学生達を犯人に仕立て上げた。だが彼らは抵抗しなかったそれよりもギャラリーがパンティー姿になって恥ずかしがってる姿を見てオナニーしてやろうと必死になっていたからだ。万引きイケメン男子学生達は恥じらいよりも性欲が勝り恥ずかしがるギャラリーを見て恥ずかしがってないで俺達におっぱい見せろと性欲むき出しになっていた。そこへ
「ここで提案なんですがおそらく彼らは私達のパンティーを脱がしてすっぽんぽんにしてやろうと企んでるに違いありません!なので先手を取ってこちらからパンティーを脱いですっぽんぽんになって彼らのオナニーする姿を楽しんでみませんか?」
 と店長が提案を出す!その提案に
「いいですね。」
「彼らを辱めるためにやってるのにこっちが脱がされるのはちょっと気が引けないし」
「脱がされるくらいならこっちから脱いだほうがいいですね。」
「その案吞みます。」
 ギャラリーは賛同!そして店長を含めギャラリーは全員パンティーを脱ぎすっぽんぽんになった。それを見て万引きイケメン男子学生達はさらに興奮しそれを舐めまわすように見ながらオナニーの手を早める!
「皆さん、やはり脱がそうと目論んでいたようです。脱いだのを見てさらに興奮して手を早めてます!」
 店長がその姿を実況!さらに
「皆さん、裸を見せつけて射精する瞬間をしっかりと目に焼き付けましょう!それからお互いお触りは厳禁ですのでご注意を!特に万引きイケメン男子学生の皆さん!おっぱいやお尻触ろうとするものならわいせつ行為でここにいる婦人警官さんに連行してもらうのでそのつもりで!」
 とギャラリーを誘導したり注意したりする店長!そしてイクところを裸の女性達に見守られる万引きイケメン男子学生達!
「皆さん、万引きイケメン男子学生達が私達の裸を見てイキました!」
 と店長!それに続き
「いっぱい出たわね。」
「これだけ出してもまだおちんちん元気ね。」
「性欲むき出しね。」
 とギャラリー!そこへ
「それでは最後の仕上げと行きますね。万引きイケメン男子学生達の皆さんその場で気をつけしてください!」
 と店長が言う!その言葉にたくさんの女性の裸を見て気持ちよくイッたからか何も言わず素直に従う万引きイケメン男子学生達!そこへ店員の女性達が万引きイケメン男子学生に何か書いてある厚紙を肩にかける!その厚紙には僕達はで万引きをしました。そして万引きだけでなくさらにお店が暗くなったどさくさに紛れ女性達を裸にしその女性達を見てオナニーしてイクというわいせつ行為を働きました。また僕達のちんちんは手あたり次第女の子捕まえては性処理の道具にしているだらしないちんちんです!と書いてあった。そしてその厚紙をかけて間もなく多くの光を万引きイケメン男子学生達を襲う!ギャラリーが一斉に万引きイケメン男子学生達の恥ずかしい姿をカメラで撮っていた。慌ててペニスを隠す万引きイケメン男子学生達!そんな彼らに
「ちゃんとちんちん晒さないと警察行きですよ!」
 と店長が言うと恐る恐る前を向く万引きイケメン男子学生達!そして再び恥ずかしい姿をカメラで撮られた。
「皆さんお疲れ様でした。今日はここでお開きにします。それから今度悪さしたらこの写真いろんな所に出回るからこれに懲りてもう悪い事しちゃダメよ!」
 店長の一言でギャラリーが万引きイケメン男子学生達に撮った写真を見せ釘を刺した。こうして女性店員達が目論んだ復讐の恥辱のショーは幕を閉じた。その後万引きイケメン男子学生達はその店に顔を出さなくなったがもしまた同じような事が起これば復讐の恥辱のショーはどこかで行われるかもしれない…。

 恥辱!下着ファッションショー ~万引きイケメン男子学生達編~ ~完~

 更なる恥辱が多くの女性の前での公開オナニー!おちんちんを使って更なる恥辱を受けることになりましたがもしかしたらM男君には嬉しいシチュエーションかもしれませんそれだけでなく暗くなって明るくなったらその女性達が下着姿になりそしておっぱいが露わになりどさくさに紛れ脱がされたというわいせつ行為の濡れ衣まで着せられるという展開!そして脱がされるくらいならとパンティーを脱いでしまう大胆行動も!これも女性達の復讐の仕掛けでもあったわけですが…。やはり悪い事をすれば何らかの形で自分に返ってくるってことですね。そしてエロも節度を持って楽しむように心がけないとですね。度を超せば大変な事になりますので
ここで公開オナニーつながりでアナタのオナニータイムシリーズをピックアップ!
※気になったら画像をクリックすればDMMさんの詳細ページにジャンプします!
冬月かえでがサポート アナタのオナニータイム 180分スペシャル 冬月かえで 吉崎直緒がサポート アナタのオナニータイム 吉崎直緒 志保がサポート アナタのオナニータイム

前嶋美歩がサポート アナタのオナニータイム 前嶋美歩 叶樹梨がサポート アナタのオナニータイム 叶樹梨 神谷姫がサポート アナタのオナニータイム 神谷姫

カレンがサポート アナタのオナニータイム 如月カレン 未来がサポート アナタのオナニータイム 未来 寧々がサポート アナタのオナニータイム 寧々

穂花がサポート アナタのオナニータイム 穂花 ほしのみゆがサポート アナタのオナニータイム ほしのみゆ 朝から晩まで一日中、ほしのみゆがサポート アナタのオナニータイム3時間スペシャル

光月夜也がサポート アナタのオナニータイム 光月夜也 桜木凛がサポート アナタのオナニータイム 桜木凛 桜木凛がサポート アナタのオナニータイム24 3時間スペシャル

二宮沙樹がサポート アナタのオナニータイム 二宮沙樹 二宮沙樹がサポート アナタのオナニータイム24 麻生めいがサポート アナタのオナニータイム 麻生めい

結夜がサポート アナタのオナニータイム 結夜 プレミア女優がサポート アナタのオナニータイム4時間 プレミア女優がサポート アナタのオナニータイム8時間

プレミア女優がサポート アナタのオナニータイム8時間 2
 気休めでもオナニーのおかずの参考にしてもらえると幸いです。
 それでは楽しいエロライフを!

バナーリンク集!

参加しているのでクリックお願いします!

アダルトブログランキングへ
エログ-(エログランキング)